学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

笑顔と笑声

2017.10.25日

renaikiss0279.jpg


笑顔が大切なのは言うまでもありません。
人の笑顔を見ているとこちらまで笑顔になります。
ひとりの人が笑顔でいると、周りまで自然と笑顔が広がり、みんなが幸せな気持ちになれます。


笑顔に関する名言・格言は世界中にたくさんあります。
それは笑顔が世界共通語だからです。
笑顔で喧嘩したり、怒ったり、泣いたりすることはできません。
不機嫌でいたり、いら立ったり、悲しかったり、落ち込んでいたら自然と笑顔が消えてしまいます。


今、毎日リハビリに通っている整形外科はいつも笑顔や明るい笑い声があふれています。
院長先生始め、看護師さん、事務員さん、マッサージ師など、職員みんなが患者さんをとても大切にしています。何百人という患者さんの名前を一人ひとり覚えていて名前で呼びかけ、笑顔で話しかけてきます。
リハビリ室では看護師さんと患者さんの笑い声が絶えません。


教え子であり、またうちで講師として長年働いてくれた丈くんが去年の春結婚式を挙げることになり、私は司式を頼まれました(「一番幸せを感じるひととき」)。
式の4日前に風邪を引き、2日前には全然声が出なくなりました。
近くの医院は全部休診日です。


私はかかりつけのこの整形外科に電話しました。ここは整形外科だけでなく、内科、外科もやっているのです。
院長先生が電話を取ってくださり、事情をお話しすると、これから出かけるところだけど今すぐ来てください、診てあげますと言われて飛んでいき、お陰さまで式当日は声が出るようになって、無事務めを果たすことができました。


以前、通りを歩いていたら見知らぬ人に声をかけられました。
「越してきたばかりでこの辺りはあまりよく知らないのですが、近くにいい整形外科はありませんか?」
すぐ近くに整形外科はあったのですが、そこは以前行ったとき医師や職員があまり感じよくなかったので、わざわざ少し離れた私の通っている整形外科まで歩いてご案内しました。


「笑顔」と同じぐらい大切なもの、それは「笑声」です。
「わらいごえ」ではありません。「えごえ」と読みます。
これは私が考えついた造語だと思っていたのですが、ネットで検索してみたところすでに何人かの人が使っていました。
「笑声」は電話で声を聞いているだけで、相手の人が笑顔で話しているのがわかるような明るい声で、こちらまで自然と笑顔になってしまうような声のことです。


2週間ほど前から奥歯の歯茎が腫れ始めました。
最初のうちは自然と治るかと思っていたのですが、腫れがどんどん大きくなってきたので慌てていつもお世話になっている歯科医院に行きました。
この歯科医院については、これまでブログで何度か取り上げているのですが(「真心のこもったサービス」)、やはり先生始め職員の皆さんがとても優しく親切で、いつ電話をしても「笑声」で応えてくださいます。
道端で先生とお会いすると、私の健康のことを気遣ってくださりしばらく立ち話をするほどです。


2日前、明け方の5時半にとても暑くなり、喉がからからになったのでベッドから起き上がってダイニングのテーブルの上に置いてある水を飲みに行こうとしたところチェアに足を引っかけ大きく転倒し、思いっきり別のチェアの角のところにわき腹をぶっつけました。
しばらくは息もできないほどで、キャビネットにもたれかかってじっとしていました。
ひょっとしたら肋骨が折れたかひびが入ったかと思うほどの痛さです。
なんとかベッドに戻り、朝になるまで待って、妻に車でいつもの整形外科に送ってもらいました。
レントゲン撮影の結果、一番下の肋骨をぶっつけたようですが、ひびも入っていず無事でした。
「本当に不幸中の幸いでしたよ。もうあと1〜2センチ下だったら脾臓(ひぞう)に当たっていたかもしれません。風呂場の掃除中転倒し、腹部を打った方が以前いらっしゃいましたが、その方は手術で開腹したら脾臓破裂で血の海でした」と先生に言われ、護られたことを神様に感謝しました。


ということで、昨日の午前中は整形外科と歯科のはしごでした。
まだわき腹も痛く、歯の腫れも引いていず治療は続いていますが、笑顔と笑声の絶えない医院なので通うのは全然苦になりません。むしろ幸せを分けていただいているほどです。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ