学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

このブログの活用法

2017.07.31日

最近、メールマガジンに新たに登録してくださる方が大勢いらっしゃいますので、改めて「ブログの活用法」を再録します。私自身もよくこれを使って活用していますので、皆さんにもシェアさせていただきます。


ここしばらくはほとんど毎日、5〜6キロから12キロ、13キロと結構歩いています。
昨日、ふと気づくとふくらはぎにしっかりと筋肉がついてきていました。
そして、ウェストもこれまでで最細、一番太っていた頃と比べると14センチ、1年前と比べても6センチ細くなっていました。体組成計によると体脂肪、内臓脂肪も過去最低レベルで、体内年齢はなんと38歳。
先日の記事「VIP その2」の中にも書いたように、床屋の店長にも「髪の毛も顔も若い」と太鼓判を押してもらい気をよくしています。


人間、だれでも褒められて怒りません。褒められれば気分いいものです。そして、それがさらにいいものを引き出します。
そんな当たり前のことなのですが、親が子に対し、子が親に対し、あるいは夫が妻に対して、妻が夫に対して褒めることが少ないのはいったいどうしたことでしょう。


今日、新たにひとりの方が友達から紹介されたと言って、このブログのメールマガジン登録申請をしてこられました。
コメントには、「子供達を励まし、自分も成長する何かヒントがあればと願っています」とありました。
そこで今日は、私もそんな観点から自分のこれまでのブログを読み返してみました。
方法はいくつかあるのですが、もっとも簡単かつ有効なやり方は、ブログページ左にある緑の「カテゴリー」の中から自分の興味あるテーマを選び、クリックすると関連記事が出てくるので、タイトルから、あるいはアトランダムに記事を選んで読むという方法。
次は、ページ左上の「エントリー検索」に興味のある言葉を入力して検索する方法。この時のコツは、できる限り言葉を絞ることです。たとえば、「ホームスクーリング」で検索すると1件もヒットしないのですが、「ホームスクー」だと、「ホームスクール」という言葉を含んだ記事が出てきます。
今日はそのようにして、自分の過去のブログをいくつも読んでみました。
カテゴリー「教育」で検索したところ、次から次へと「褒める」ことの重要性を説いた記事が出てきました。


ということで、今日は自分のブログの宣伝のようになり恐縮ですが、ぜひ上の方法で皆さんの興味ある分野を検索してみてください。
きっと何らかのヒントにある記事に出会うことができることと思います。
今後とも引き続き、「学院長 元気の出るブログ」をよろしくお願いいたします。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

恩知らず

2017.07.30日

夏の真昼の道中で暑さにあえぐ旅人がプラタナスの木を見つけた。その陰で身を休めながら「実がなっていない」「役立たずな木だ」と散々な言いようである。「恩知らずめ」と木が怒ったのも無理はない。イソップの寓話(ぐうわ)である。
◆身近な街路樹のプラタナスが減っているという。大きくなるので剪定(せんてい)や落ち葉の処理に手間がかかる。それがきらわれるらしい。
◆かように現実の世界でも見過ごされがちな恩恵に、光があたったと思わせる話もある。五輪開催時の暑さ対策として街路樹の陰を広げる。東京都のそんな計画を先週の記事が伝えていた。会場周辺のプラタナスなど2000本が対象になる。
◆読売新聞の社屋から遠くない都心の通りで、その1本をみた。幹から枝先までの距離は剪定で抑えられている。これが倍以上になるまで枝張りを大きくするという。3年先のきょうは大会7日目にあたる。緑陰のありがたみが身にしみる人もいよう。
◆人に親切を施してもわかってもらえないことは多い――イソップの教えるところである。確かにそうだが、感謝される日もいずれは来る。寓話の続編が紡がれるといい。

(7月30日付 読売新聞「編集手帳」)


イソップ物語の「プラタナスの木」はこんなストーリーです。


夏の盛りの暑い日に、ふたりの旅人が暑さでぐったりしていましたが、大きなプラタナスの木を見つけました。そこでその木陰に入ってひと休みしていました。
ふたりは木を見上げて言いました。
「この木は実はつけないし、葉っぱは散らかるばかりで役立たずだなぁ」
するとプラタナスの木が怒って言いました。
「恩知らずども。私の木陰で休んで恩恵に与っているくせに、実がないだの無用だのと」


うちでも今から約20年前に新築した際、狭い庭に4メートルほどの常緑樹の樫の木を植えました。
10年もするとその木はどんどん背が伸びて葉が生い茂り、二階の大屋根を超えるほどにまでなりました。木陰になったダイニングは涼しくて良かったのですが、根が張って木の周りのインターロッキングを持ち上げ始めました。
そこで、庭師を呼んで剪定してもらおうとしたところ、根がブロックの塀と家の基礎にも食い込みかけていることがわかり、慌てて根元から伐採して、大きな根っこも引き抜いてもらいました。


IMG_1316.jpg IMG_1317.jpg


塀と家の基礎は難を免れましたが、今は「朝日が暑い。木がないと家が殺風景で寂しい。何か新しい木が欲しいね」などと話し合っています。
まるでイソップの寓話そのものです。


同様に、私たちはしばしば人にお世話になっている間はそれを当たり前のことと思い、その人がいなくなると途端にその人の有難さが身にしみて感じる、ということがよくあります。
「孝行のしたい時分に親はなし 」の諺ように。


親や子など身近な者だけでなく、自分のそばにいる人や、関わりのある人はみな、意味あってそばに置かれているのです。


また逆の立場で、たとえ人に親切を施してもわかってもらえない、時には誤解されるようなことすらままあります。
それでもいいのです。そもそも人に感謝されたくてするようなことは本当の親切ではないのですから。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

「哀しみの向こう」

2017.07.29日

昨夜TV番組『金スマ』で、自閉症スペクトラムという障がいを持った野田あすかさんのことが紹介されていました。
見ていて何度も涙がこみ上げてきました。
野田あすかさん作曲・演奏の「哀しみの向こう」の心に響く美しいピアノの音色に耳を傾けてください。



私のすぐ身近なところにも同じ障がいを持って苦しんでいる子がいます。
障がい者に対する見方を変えて、受容する社会を作っていかなければなりません。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

生きてます!

2017.07.26日

「しばらくブログをお休みします」と書いたのは1か月半以上前の6月10日。
時の経つ速さに自分でもちょっとびっくりしてしまいました。
この間、メールマガジンやFacebook、またメールやメッセンジャーなどを通じてつながっている方や、直接お会いしている方などを除いては、まったく音沙汰なしだったので、ご心配をおかけしており、まことに申し訳なく思います。
生きています!
長らくのご無沙汰の非礼をお詫びするとともに、近況をお知らせさせていただきます。


アメリカにいる友人から勧められたThe Fatigue and Fibromyalgia Solution(『疲労と繊維筋痛症解決法』邦訳は出ていない)という本を読み、その本の中に書かれていることはすべて実行し、薦められているサプリメントもアメリカから取り寄せて摂っています。
一日おきに整骨院に通って治療を受けています。当初は身体全体がガチガチで固かったのが、最近は随分筋肉が柔らかくなってきたと言われています。
体力をつけるために毎日1万歩以上のウォーキングをし、ときにプールに行ってスイミングをし、またリラックスするために温泉に行ったりと考え得るとこはなんでもやっています。


私の良いところは「素直」なこと。人にいいと言われることはなんでもします。
逆に、私の弱いところはついつい一生懸命やり過ぎてしまい、「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」になりがちなこと。
道はまだまだ遠いですが、少しずつ快方に向かっています。


ただ、困ったことは夜中に身体が火照って熱くて眠れず、ちょうど1年前の「熱帯夜で七転八倒」とまったく同じ状況です。
下手をすると2〜4時間も眠れないことがあり、ベッドで寝ていると背中が痛くなるので起きてきてリビングでマッサージチャアで身体をほぐしたり、ラジオ体操やストレッチををしたり、腹式呼吸をしたりして精神を落ち着けるようにしています。


今、一番楽しいのはウォーキングです。
4年少し前に初めて買ったMBTというウォーキングシューズ(「健康になるぞ!」)は当時毎日15〜16キロほど、1年で日本列島縦断に相当する2000キロを歩き、2足履きつぶして(「健康になる靴」「"爆"◯◯」)今3足目を履いているのですが、もう2年になり内張りが破れ、底も薄くなってきたので、つい先日4足目を購入しました。
MBTを初めて買う直前に買った普通のウォーキングシューズは履き心地が悪くてほとんど履かずじまいです。というか、MBTを履き始めるともう他の靴は履けなくなり、スーツを着てよそに出かけるときですらこれを履いていくほどです。
今回買ったのは下の写真のものです。新作が出たばかりで、型落ちになった前のモデルを27,000円のところ何と16,200円で買えたので大満足です。


IMG_1281.JPG


お祈りくださっている大勢の方々に心より感謝いたします。
まだ少しかかりそうですが、必ず復活しますので、引き続きお祈りに覚えていただければ感謝です。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ