学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

今日一日だけ

2017.06.06日

「クスリをやめるってかっこいい!」
 1993年。世界53か国から米国シカゴに集まった5万人の人波にもまれながら、当時30歳の三浦陽二さん(53)は初めて思った。知らない者同士が熱いハグを交わし、薬物をやめていることを祝い合う。どの顔も力強く、温かかった。
 薬物依存症の当事者たちの世界大会。薬物からの回復支援施設・日本ダルク(東京)の理事長の近藤恒夫さんに同行した。この旅が三浦さんの薬物依存症回復への転機となった。


 小さい頃、学校でよくいじめられた。中学1年の時、13人のいじめっ子に闘いを挑むと、不良に一目置かれるようになった。中1でたばこ、中2でシンナー。高校を中退し、移った定時制高校で先輩が声をかけてきた。「覚醒剤、やったことある?」「もちろんあるさ」。虚勢を張った。覚醒剤依存の始まりだった。大学に進んだが中退。稼いだ金を薬につぎ込んだ。


 逮捕は2回。初犯は執行猶予で済んだが、26歳の時に実刑となり、1年間服役した。刑務所に入った時の「二度とやらない」という決心は、出所の頃には「次は絶対捕まらないぞ」に変わっていた。
 親は日本ダルクに相談し、三浦さんに世界大会行きを勧めた。親の金で遊べるなら、と軽い気持ちだったが、帰国した時にはダルクに入る決心が固まった。
 「今日一日」だけ薬をやめる生活を積み重ねて23年。日本ダルクの職員となった三浦さんは「近藤さんや世界の人たちに接することで、自分を大切にしようと思うことができた」と振り返る。


 世界の薬物依存の実情に詳しく、近藤さんとの共著もある放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんによると、欧米では非合法薬物であっても組織的な売買ではなく、自己使用や所持だけなら刑罰より回復支援が重視されるという。
 昨年から日本でも、刑務所にいる期間を短縮し、残りを執行猶予にして社会の中での更生を目指す「刑の一部執行猶予制度」が始まった。いかに回復につなぐかが今後の課題だ。
 日本は長く厳罰主義で臨んできたため、社会の目も厳しい。「刑務所に入ったことでつながりが切れ、社会復帰に苦しむ人が多い」と近藤さん。スペクターさんは「薬物は手を染めた時点では自己責任ですけど、抜け出せないのは病気。本人も苦しい。社会から抹殺せず、『戻ってきてね』と声をかけていいのではないでしょうか」と話す。

(2017年6月5日付 読売新聞 12面「医療ルネサンス 依存症からの回復 脱薬物 社会復帰に課題」より)


いろいろと教えられる記事です。
とくにデーブ・スペクターさんが言う、
「薬物は手を染めた時点では自己責任ですけど、抜け出せないのは病気。本人も苦しい。社会から抹殺せず、『戻ってきてね』と声をかけていいのではないでしょうか」。
このような社会全体で助け合うという考え方はこれからの社会では必要不可欠です。


それと、三浦陽二さんの言う「『今日一日』だけ薬をやめる生活を積み重ねて23年」の考え方。
この「今日一日だけ」の取り組みとその積み重ねは何事にも通じる大切な教えです。
「今日一日だけ」は、悪い習慣を断つにも、良い習慣を身につけるのにも役立てることができる方法です。
良きにつけ悪しきにつけ「塵も積もれば山」になります。


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メルマガ登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスできます。


↓ブログランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたら、下のバナーをクリックして応援していただければ感謝です。


にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ