学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

大きな木

2017.01.01日

Happy New Year!


この新しい年が、皆様にとって祝福に満ちた素晴らしい年となりますようお祈りいたします。
新年にあたり《愛のギフト》をお贈りします。


日本題は『大きな木』ですが、原題は『与える木』です。
見返りを期待せず、与え続ける心の大きな木の物語です。
男の子の幸せを願って自分の持てるものをすべて与える木の愛情に涙が出てきます。


51YgmVzF2xL._SX399_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg 41DC3E4E1SL._SX370_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg


昔々、一本の木がありました。
この木はひとりの男の子が大好きでした。


男の子は毎日、木のところにやってきて、その木の落ち葉を集め、それで王冠を作って、森の王様ごっこをするのでした。
男の子は木の幹に登り、枝からぶら下がってブランコ遊びをしては、木になるリンゴを食べました。
また男の子は木とかくれんぼをしました。
疲れると木陰で眠りました。
男の子は木が大好きで、木は幸せでした。


時は流れました。
男の子は大きくなっていきました。
木はしばしばさびしくなりました。


ある日、男の子が木のところにやってきたので木は言いました。
「さあ坊や、わしの幹に登ってリンゴを食べ、わしの木陰で遊んで楽しんでおくれ」
男の子は言いました。
「ぼくはもう大きくなってあなたに登って遊ぶことなんかできないよ。
いろんなものを買って楽しみたいんだ。それにお金がほしい。ぼくにお金をくれませんか?」
木は答えました。
「ごめんね。わしにはお金はないよ。あるのは葉っぱとリンゴだけだ。わしのリンゴを持って行って町で売りなさい。そうしたらお金ができて幸せになれるでしょう」
そこで男の子は木に登り、リンゴを集めてそれを持って行ってしまいました。
木は幸せでした。


男の子は長い間ずっと戻ってきませんでした。
木は悲しくなりました。
ある日、男の子は帰ってきました。木は嬉しくて体を震わせて言いました。
「さあ、わしの幹に登って枝からぶら下がってブランコして楽しんでおくれ」
男の子は言いました。
「ぼくは忙しくて木になんか登ってられないよ。
暖かい家がほしいんだ」と男の子。
「結婚して子どもたちがほしい。だから家がいるんだ。ぼくに家をくれない?」
「わしは家なんか持ってないよ。森がわしの家なんだ。でも、わしの枝を切って家を建ててもいいよ。そしたら幸せになれるだろう」
そこで男の子は木の枝を切って、それを持って行って家を建てました。
木は幸せでした。


男の子は長い間戻ってきませんでした。
男の子が戻ってきた時、木は嬉しくて話せないほどでした。
「さあおいで。わしのところで遊んでおくれ」と木はささやきました。
「ぼくはもう年をとってしまって、惨めで遊べなくなったよ」と男の子は言いました。
「ぼくをどこか遠くに連れて行ってくれる舟がほしいんだ。ぼくに舟をくれない?」
「わしの幹を切り倒して舟を作りなさい。そうしたら遠くに船旅に出られますよ。そして幸せになれるでしょう」
男の子は木を切り倒し、舟を作って船旅に出ました。
木は幸せでした。
いいえ、本当はそんなに幸せではありませんでした。


長〜い時がたって男の子はまた戻ってきました。
木は言いました。
「ごめんね。わしにはあんたにあげるものはもうなんにもない。リンゴはなくなってしまった」
男の子は言いました。
「私の歯はもう弱くなってリンゴを食べられなくなってしまった」
「わしの枝はなくなってしまった。もうブランコ遊びはできないよ」
男の子は言いました。
「年をとって枝でブランコ遊びはできなくなってしまったよ」
「わしの幹はもうなくなってしまった。もう登れないよ」
「私も年で木登りはできない」
木はため息をついて言いました。
「なにかをあげたいんだが、なにも残ってない。ただの古い切り株だ。ごめんね」
「もう必要なものなんてほとんどない。ただ、静かなところで腰かけて休みたいだけさ。もうくたくたなんだ」
木は思いっきり背伸びして言いました。
「じゃあ、古い切り株が腰かけて休むのにいいよ。
さあ、おいで。ここに腰かけなさい。座って休みなさい」
男の子はそうしました。
木は幸せでした。

(訳 舟田譲二)


最後にプレゼント第2弾。
The Giving Tree 原文の朗読です。
(私の朗読ではありません)



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。