学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

昨日はとても嬉しいことが

2016.12.12日

昨日はとても嬉しいことがありました。
現在27歳の教え子が数日前にメールで、「今、人生の岐路に立っている。相談に乗ってほしい」と言ってきたのです。
お互いの折り合いがついた昨日の夕方、塾に訪ねてきてくれました。


大学卒業後、就職の報告に来て以来、何年振りかで会った彼はずいぶん大人になっていて見違えました。
小学生・中学生の頃はちょっと弱々しい感じの子でしたが、自分の現在のこと、将来のことを真剣に考え、大きな舵取りをしようとしているのです。


少し話していると、何年ものブランクをまったく感じさせないほど、お互いに心開いてなんでも話すことができました。
人生の岐路に立つ相談事とは、だいたい想像はついていましたが、やはり仕事のこと、結婚のこと。
そして、これもひょっとしたら、と直感で予想してはいたのですが、信仰のことでした。
ちょうど私自身も27歳のとき、同じ問題でこれから歩む道を模索していたのです。


以前からキリスト教には関心はあったけど、今は真剣にクリスチャンになることを考えていると言います。
聖書のことや神様のことは少しは知っているの?と尋ねるとほとんど知らないとの返事。
そこで、教室の前に立ってホワイトボードに板書しながら、世界中のほかの宗教のことから始め、キリスト教の歴史や聖書の教えなどについて話し始めました。


彼は、昔の授業を思い出す、と言って生徒に戻り、私の話すことや板書することをノートに書き留めながら熱心に耳を傾けました。
私の昔ながらの授業スタイルで、質問・答えのやり取りをしながら理解を確かめつつ「授業」を進め、最後には聖書の中心的な教えである福音をはっきり語りました。
彼は一つひとつうなずきながら熱心に聴いてくれました。最後に私は彼のこれからの歩みの上に祝福をお祈りしました。


必ずや賢明な選択、決断をして、立派に自分の将来の道を切り開いていってくれることでしょう。
塾の先生という仕事をしていて、最高の幸せを感じるときです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。