学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

誰かがあまりにも◯◯だと思っていたら...

2016.10.07日

"If you think someone is too lazy, the chances are he or she thinks you work too hard."
--Anonymous
「誰かがあまりにも怠惰だと思っていたら、その人はあなたのことを働きすぎだと思っているものだ」
--作者不詳
(訳:舟田譲二)


「この人は本当に鈍いな」って思うことがありませんか。でも、そんなときは決まって、その人はあなたのことを「この人は本当に神経質だな」と思っているものです。
同様に、「この人はなんてグズなんだ」と思っていたら、その人はあなたのことを「せっかちな人だな」と思っています。
「頭悪いな」↔「頭いいな」
「ケチな人だな」↔「気前がいい人だな」
「つまらない人だな」↔「面白い人だな」
「ふざけてる」↔「クソまじめだ」
というふうに。


本来「人間はみんな自己チュー」ですから、自分の基準が絶対と思いやすいもの。
自分の基準で人を見ると、その基準から離れていると、その人のことをどうしても「あまりにも◯◯だ」と思ってしまいがちです。


見方を変えると、その人の意外な面が見えてきて、「へえー、この人にはこんな素晴らしい面があったんだ」と感謝する心が芽生えてくると同時に、それまでの自分の傲慢な考えを恥じるようになったりするものです。


ちなみに、今日の格言の生みの親である「作者不詳」さんは、実は「ジョージ学院長」のことでした。
常々考えていることをシェアさせていただきました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。