学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

安住アナがヤバイ!

2016.10.06日

一昨日、今年度最後の中2の国語の授業で太宰治の『走れメロス』をやっていました。
授業が終わって、バス送迎の女子生徒たちに駐車場に向かう途中言いました。
「今日、国語で『走れメロス』をやったんでしょ。
実は、これ先生の愛読書なんだよ」
そして背広の内ポケットから文庫本を取り出して見せました。
「へえー、『走れメロス』が?」
「いや、ちょっと、なんかちょっと違うよ。ホラホラ。『走れエロス』って書いてある!」
「エー!?なにこれ?」
「やだー!エロス?」
「なにそれ?エロ本?」
「先生、そんなの読んでるの?」
みんな一斉に大声で叫びました。


5年半前の記事、「見たいけど怖い、怖いけど見たい」の冒頭の一部です。この続きが気になる方は左のリンク先からご覧ください。


しかし、これよりもはるかにヤバいのが我らのヒーロー安住アナの「走れメロス特別授業」。
2014年2月28日に放映された『ぴったんこカンカン』の再放送を先週見たのですが、大爆笑。
母校の明治大学で元ゼミ恩師の齋藤孝先生を横に安住アナが名講義。


20年前、無口な学生だった安住アナは、齋藤先生の授業で
「君達、教師を目指しているのに誰も前に出て2・3分喋れないのか!」
の言葉に、前に出てあろうことか40分喋り続けた。
それも誰も止めようがない素晴しい内容で、終わったと同時に学生全員がスタンディング・オベーション。
「あれが原点」
齊藤教授いわく、20年勤めて一番プレゼンが凄かった生徒。


こんな楽しい授業だったら、だれでも勉強大好きになること間違いなし!
それでは、その名講義をどうぞ。



↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。