学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

正しいストレス解消法

2016.09.02日

今の時代、完全にストレスフリーな生活なんてあり得ません。
小さな子どもでも日常の生活の中でストレスをたくさん感じています。
ましてや、我々大人はだれでもさまざまなストレスを抱えています。
そこでいろいろなストレス解消法が言われているわけですが、なんと、多くの人がやっている下の解消法は逆効果なんだそうです。


1.愚痴を言う
ストレス発散しているように思えますが、ネガティブな事が会話に入ってくるとストレスが上がってしまうとのこと。吐き出してスッキリしているつもりなのに、言葉にしてしまうことで、イヤだという感情が再確認されるわけです。


2.お酒を飲む
ストレスが生じるような出来事を経験した直後にアルコールを摂取すると、体内のコルチゾール値が抑制されるそうです。コルチゾールはストレス対処に必須の物質で、分泌が抑制されると、緊張感が長い時間残ったままになってしまうのだといいます。


3.ゲームで発散
何が間違いかというと「睡眠時間を削って、新たなコミュニティで頑張る」という状態を発生させてしまっている点です。目の疲れはそのまま脳に伝わり、判断能力が鈍くなります。その結果、小さな事でもイライラしたり、怒りっぽくなるのです。


4.衝動買い
お金をたくさん使うことで、ドーパミンが分泌され、ストレスを忘れてハイになっている状態。家に帰ると体がぐったりしたりと、かえってストレスを感じることに。「罪悪感の残る買い物」「無断欠勤や予定をすっぽかしたときの買い物」は、ストレスが溜まる買い物の仕方だそうです。


5.甘いものにも逃げる
一時的に血糖値が上がって気分は落ち着きます。でもその後脳は血糖値を上げようとアドレナリンを分泌。急にイライラしたりという副作用ももたらします。甘いものが、コルチゾールを生成する副腎という臓器の機能を低下させるため、よりストレスに弱い身体ができてしまいます。

6.とにかく寝る!
休みの日に寝だめをする人ほど「不眠」や「抑うつ」を訴える割合が高いことが明らかになりました。寝溜めをすることによって、体内リズムが狂い、正常に働いていた身体の作用がうまくいかなくなっていることが原因です。


7.無理に予定を入れる
“はしゃぎ系”のストレス解消をしていると、気付かないうちに疲労をためこんでいき、うっかり自分の首を絞めていることになるかもしれないのです!“食べる、飲む、買う”というようなことをしすぎるのは、その反動で落ち込むことがあります。


一番間いいストレス解消法は「深呼吸」!!
深呼吸は、体のストレスを下げる最も効果ある方法の1つ。正しい呼吸法は、血圧、脈拍数、汗も減り、消化も助けるという健康にも良い影響が。1回、2回、3回とゆっくり大きく息を吸ってゆっくりと吐きます。鼻から吸い、口から出すとよいでしょう。「深呼吸くらいで」とバカにしたものじゃありません。深い呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、気持ちが落ちつきます。

(以上、「NAVERまとめ 『マジか…やりがちだけど逆効果だったストレス解消法』」より)


私もこの深呼吸、よくやります。
確かに効果テキメン。
お試しあれ!


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。