学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

本物の愛とは

2016.09.10日

"Life has taught us that love does not consist in gazing at each other, but in looking outward together, in the same direction."
--Antoine de Saint-Exupery – 1900-1944, Aviator and Writer
「愛とはお互いの目を見つめ合うことにあるのではない。一緒に外を見る、それも同じ方向を見つめることだ、ということを我々は経験から学んでいる」
--アントワーヌ・サン=テグジュペリ、パイロット・作家
(訳:舟田 譲二)


サン=テグジュペリと言えば『星の王子さま』。
私の大好きな本のひとつで、人生の節目節目で何度も読み返しては多くのことを教えられ、感銘し、共感を覚えた書です。(「星の王子さま」
いわゆる「波長が合う」作家です。


普通、「愛」というと、私たちが一番に想像するのは男女間、恋人同士、夫婦間の愛などです。
そして、そのイメージは決まって、ふたりがお互いに目を見つめ合っている姿です。
しかし、ここでサン=テグジュペリが言っている愛は、「一緒に外を見る、それも同じ方向を見つめることだ」という深遠なものです。
「お互いに目を見つめ合う愛」も大切なものですが、そのような「惚れた、腫れた」の類いの愛というものは、そういつまでも続くものではありません。


本物の愛とは、むしろ手を携えて一緒に自分たちの外の世界を、同じ方向を見つめること。
これだと、必ずしも「男女間の愛」に限定されることなく、同じ意志、目的、夢を持った者たちの群れなど誰にでも当てはまります。
そして、これこそが時代や国や文化を超えた本物の愛で、この愛がこれまで世界を動かし、変えてきたのではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。