学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

心のあるところ...

2016.08.11日

「ピッピー ピーチクピーチク ピヨピヨピーチクピーチク ピヨピヨピー」


朝起きて庭の草木に水やりに表に出たら、珍しい鳥が家の前の電線の上で美声で歌っていました。
鳥の好きな人だったらきっとすぐに名前がわかるのでしょうが、私は鳥の鳴き声といったらスズメと鳩とカラスとホトトギスぐらいしかわかりません。あっ、それにトンビぐらいかな(笑)。
美声の小鳥さん、ごめんなさいね。
ちょっと耳を澄ましていると、基本的には上のように聞こえるのですが、いくつか異なるバージョンもあります。
鳥語が通じない私にとって、これを人間語、とくに日本語で表記するのは至難の業です。
おそらく鳥が好きな人で詳しい人なら、「そんな鳴き方じゃない。こうだよ」と言って、もっと正確に表記してついでにその名前も教えてくださるのでしょう。
ちなみに、もしそんな方がいらっしゃったらお手数ですが、気になりますので教えてください!


この鳥の鳴き声を聞いていて思いました。
「人はだれでも自分の心のあるものには詳しいものだ」と。
私の場合は、それが教育であり、また英語であり、心理学やキリスト教(聖書)ですので、これらのことについては結構知識もあり、詳しいです。
外国人の話す英語を聞くと、たいがいどこの出身かおおまかな見当はつきます。
また、その物真似もある程度できます。


今、リオオリンピックをやっていて連日テレビを賑わしています。
昨日はフェンシングの試合を見ていましたが、門外漢の私にとってはそのあまりの早業に目がついていかず、いつ、どの時点でポイントがつくのか、まったくわかりませんでした。
でも、自分の好きなスポーツや、関心のあるものは見ていてだいたいわかります。


人間関係も同じで、こちらが相手のことを気にかけて好意を持っていると、それは相手に伝わり、相手も自分に好意を持ってくれるようになります。
ちょうど今、朝ドラでやっている『とと姉ちゃん』の水田正平と鞠子のように。


生徒たちに勉強を教えていて、その子がどこでつまずいているか、どのように教えれば良いか、すぐにわかりますし、ポイントをついて教えるとすぐに理解してくれます。
英語が苦手でまったくわからず、「英語は捨てた」と言っていた生徒をこれまで何人も「英語大得意」にしてきました。
今春大学を卒業し、高校の数学教師になったTさんの場合も、一番苦手だった英語が、蓋を開けてみると入試で一番高得点だった、ととても喜んでいました。


このようにしてみると、勉強に限らずどんなことでも、なにかものにしたいと思ったら、まずはそれに興味を持ち、好きになり、とことんやってみること。これが一番大切だ、ということがわかります。
多くの生徒が、「勉強はつまらない」と思って、いやいやながら、丸暗記して詰め込んでテストで点数を取ることばかり考えて勉強していますが、これほど非効率的で、しかもあとになったらきれいさっぱり忘れてしまう、役立たない勉強法はありません。
しかし、実際のところ、私たちの多くが無意識のうちに、身の周りの生活の中で、似たり寄ったりのことをしています。
ちょっと点検してみるといいですね。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。