学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

すぐやるか?

2016.08.16日

1か月あまり前の7月4日の記事「サービスの精神」の中に書いた、近所の空き家の植え込みの件。
最初に市役所の担当の方に電話で苦情を言ったのが6月1日。その後なしのつぶてだったので、業を煮やして市役所を訪ねて担当の方に直に会ってお話ししたのが1か月後の7月1日。
7月6日に市役所から電話があり、空き家の所有者に文書を出す決済が下りたので通知したとの返事。


それ以降も市役所からは何の連絡もなく、再度21日に電話で進捗状況を問い合わせると、担当の道路管理課より所有者に通知したが、その後返事が来たかどうか、まだ確認を取っていない、確認し次第返事するとのこと。


ところがその後も返事がなく、8月8日に担当者に電話して尋ねると、所有者に送った通知文書が戻ってきた。所有者の連絡先がわからないので、担当の道路管理課と相談の上、市の方で対処する。ただ、庭木の高さが高いので高所作業車を手配しなければならず、9月中旬になると思う、という返事。
私はそれでは木が道路をふさぐのをこのままあと1か月も放置しておくのですか、と尋ねると、「市の方ではどうしようもない」と答えます。
そこで、私は上司に代わってほしいと言いました。
担当者曰く、上司に代わったところで返事は同じだ、と。
再度、上司に代わるようお願いしたところ、「わかりました」とも「お待ちください」とも言わずに黙って電話を転送しました。かなり頭に来ていたのでしょう。


案の定、上司は保留で待たされている間に部下から伝え聞いたことをそのまま繰り返すだけ。
私は、「所有者に通知の文書を送るというそれだけのことで決済が下りるまで1か月かかり、さらに所有者に連絡がつかないからこのままあと1か月余りも待てと言う。あまりにもすべての対応が遅すぎる。このままでは近隣の人たちの生活にも支障が出るし、通行人の頭の高さまで枝が伸びてきていて事故にもつながりかねない。高所作業車の予約状況を確認して、少しでも早く対応して欲しい」と上司に伝えました。
上司から折り返し電話があり、来週中には対応する、と言ってきましたが、なんとその二日後に庭木が伐採されました。
でも、最初からはなんと2か月半もかかったのです。
下が2か月半前に苦情を言ったときと伐採後の"BEFORE" "AFTER"の写真です。
伐採直前は左の写真よりさらにひどい状態でした。


neighbor.jpg IMG_9449.JPG


ようやく道路が広くなり(もともと非常に狭い道路ですが)、見通しもよくなりました。
私は市役所の担当の上司の方に早速電話をしてお礼を言いました。
市によっては最近「すぐやる課」というのがあるそうですが、本気でやろうと思えば、もっと早くに対応できていたことです。
普通の企業なら、迅速に対応していたことでしょう。
しかし、考えてみると、私たち自身も「すぐにやろう」と思えばできることを、先延ばしにしていることが多々あります。
私はこれを反面教師にして、身近なことで自分自身に「すぐやるか?」と自問し、お盆休み中ではありますが、早速いくつかの仕事に取りかかった次第です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。