学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

勉強していったい何の役に立つの?

2016.07.27日

NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。
またしてもハマってしまって、毎朝一番の楽しみにします。
この番組、舞台装置、セット、小道具から始まり、脚本、出演者の演技、演出まですべて朝ドラとしては珍しいぐらい非常にレベルの高いもので、この番組が人気の高いものとなっている一因だと思います。


ドラマの中で主人公、小橋常子は戦後の混乱した、貧しい時代にあって、とくに弱い立場にある女性が自立できるようなんとか手助けしたいと願って出版社を興します。
若くして、しかももともと全くの素人で始めた会社。何もかも初めてのことばかりで、あちらで頭をぶっつけ、こちらでぶっつけ、と失敗しながらも一歩一歩前進していきます。


そのような中で知り合った天才編集長、花山伊佐次を編集長になるよう説得します。
そして、二人で力を合わせて創刊した『あなたの暮らし』の中に、花山は次のような言葉を記します。


「この中のいくつかは
すぐあなたの暮らしに役立ち
この中のいくつかは
すぐには役立たないように見えて
やがていつの日か
あなたの暮らし方を
変えてしまうかもしれない
そんなふうに
いつでもこの一冊は
あなたの暮らしによりそって
息づいている」


toto.jpg


この『あなたの暮らし』、実はかの有名な『暮らしの手帖』。
私も昔、ある企業の広報室で働いていた頃、手にしてたびたび記事に目を通し、多くのことを教えられていました。
今日、さほど目立つ存在の雑誌ではありませんが、創刊された1948年当時、画期的なものだったことは容易に推察できます。


Kurashi-no-techo-number1-1948.jpg


上の花山伊佐治の言葉、
「この中のいくつかは
すぐあなたの暮らしに役立ち
この中のいくつかは
すぐには役立たないように見えて
やがていつの日か
あなたの暮らし方を
変えてしまうかもしれない」

は、『暮らしの手帖』の編集コンセプトになるのでしょうが、これは実にそのまま子どもたちの勉強に、また私たちの日常生活のさまざまな場面に通じる教えです。


よく子どもたちが、「こんな勉強していったい何の役に立つの?」と尋ねます。
また、大人も「こんな生活を毎日していていったい何の意味があるのだろう」と言います。
その答えがこの花山の言葉の中にあります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。