学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

幸福とは旅のようなもの

2016.07.17日

結婚したら、子どもができたら、そして…になったら幸せになれる、と私たちは思う。
ところが次には、子どもたちがまだ小さいから大変だ、もっと大きくなったらきっと満足のいく生活ができる、と思う。
この後、ティーンエイジャーになった子どもたちに手を焼いてイライラする。
子どもたちがティーンエイジャーを過ぎれば幸せになれるに違いない…


夫、または妻がまともになってくれさえしたら、あるいはもっといい車が買えたら、どこかで素敵な休暇を過ごせたら、いや退職して時間ができたら人生は完璧だ、と思う。


しかし実際には、今この時よりも幸せになれる時などない。今でなければ、いったいいつ幸せになれると言うのか。


人生は常に苦難で満ちている。
このことを認めて、いずれにせよ幸せになる決断をするのが一番だ。


私はアルフレッド・D・スーザの次の言葉が大好きだ。
「長い間、人生は間もなく始まると思っていた。本当の人生だ。しかし、いつも壁があった。初めに解決しなければならない障害物がある。まだ終わっていない仕事、退職するまでの残された期間、返さなければならない借金。これらが終わったら人生が始まる。
しかし、これらの障害も自分の人生なんだとようやくわかるようになってきた。
この見方ができるようになって、幸福への道などないということがわかった。
幸福が道なのだ。だから、一瞬一瞬を大切にしよう。そして、あなたにとって大切な人と過ごす時間をなお一層大切にしようではないか。あなたの時間を共に過ごすほど大切な人なのだから。そして、時は誰も待ってはくれはしないのだ。


だからもう待つのはやめようではないか。学校を卒業するまで、学校に戻るまで、10キロやせるまで、いや10キロ太るまで、子どもができるまで、いや子どもが自立するまで、仕事を始めるまで、退職するまで、結婚するまで、いや離婚するまで、金曜日の夜まで、いや日曜日の朝まで、新しい車を買うまで、家を買うまで、車や家のローンが終わるまで、春まで、夏まで、秋まで、冬まで、年金生活をするまで、1日まで、あるいは15日まで、あなたの歌がヒットするまで、ちょっと一杯やるまで、あるいは酔いが醒めるまで、死ぬまで、あるいは生まれ変わるまで...
幸せになるのに今よりもっといい時などないと心に決めよう。


幸せとは旅だ。目的地ではない。


クリスタル・ボイド牧師
(訳: 舟田 譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。