学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人生における転機

2016.07.14日

"I found that every single successful person I've ever spoken to had a turning point and the turning point was where they made a clear, specific, unequivocal decision that they were not going to live like this anymore. Some people make that decision at 15 and some people make it at 50 and most never make it at all."
--Brian Tracy
「私がこれまで会ってきた人で成功した人は、ひとりの例外もなくみんな人生における転機を経験している。このままの状態を続けるのはもう嫌だという明確、具体的で、確固たる決断をしている。ある人は15歳のときに、またある人は50歳のときにその決断をしている。しかし、大半の人はそのような決断を一生しない」
--ブライアン・トレーシー
(訳:舟田 譲二)


ブライアン・トレーシーは、「変化を支配する」を始め、このブログでたびたび取り上げてきた私が心から尊敬するビジネス・コンサルタントです。
これまで数えきれないほど多くのことを教えられ、また啓蒙されてきました。私の人生が変えられたと言っても過言ではありません。


今日の彼の言葉もまた私たちの人生を変えるようなインパクトを持っています。
ここでブライアン・トレーシーが言う転機とは、ターニング・ポイント、すなわち「人生で回れ右をする時」のことです。
今の生活で十分満足している人も大勢います。そのような人は回れ右する必要はないかもしれません。
しかし、今の生活はもううんざりだ、生活を変えたい、人生を変えたい、もっと健康になりたい、もっといい仕事がしたい、もっといい成績を取りたい、一流になりたい等々、そのような燃えるような願望が内にあるなら、そしてその決断さえできれば、あとは自ずと道は開けていきます。必要な方法は自力でどのようにしてでも見つけ出すものです。


今春中学部を卒業し、高校1年生になったKくんが昨日の夕方、学校の帰りに突然塾にやってきました。
とても真面目で努力家で、優秀な好青年で、将来とても楽しみにしている子です。
県内でもトップレベルの私立校の特進コースに進学し、将来はコンピュータ関係の仕事をしたいという明確なビジョンを持っています。
中学の頃から理系で理数が得意なのですが、今回の期末試験で思いもよらず文系科目の方が全部よくできて、肝心の数学と物理、化学が自分の思うような結果が出なかったそうで、今月から高校部の個別で数学・物理・化学をしっかり学びたいと言ってきたのです。


奇しくも彼は現在15歳。
ブライアン・トレーシーが言った如く、このままの状態で進むのは嫌だ、という明確な思いで塾に戻って頑張る決断したのです。きっとこれが彼の人生における大きな転機となることでしょう。
このような人に、運命の女神は微笑むのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。