学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

今、自分のうちにあるもの

2016.05.27日
emerson.jpg


"What lies behind us and what lies before us are tiny matters compared to
WHAT LIES WITHIN US."

Ralph Waldo Emerson
「我々の過去にあるものも、未来にあるものも、内側にあるものと比べたら取るに足りないほど小さなことだ」
ラルフ・ウォルドー・エマソン
(訳:舟田 譲二)


エマソンのことは、1年前の記事「毎日が最高の日」を始め、これまでたびたびこのブログに書いてきました。波長の合う作家のひとりで、多くのことを教えられ、励まされています。


冒頭の言葉にもとても勇気づけられます。
私たちはとかく過去のことを悔やんだり、将来のことを心配したりしがちですが、エマソンはここで過去よりも未来よりも何よりも大切なものは、今、私たちのうちに何があるかだ、と言っています。
確かに、今自分のうちにあるものをしっかりと見つめ、その価値をはかるなら、過去も未来も取るに足りない、悔いたり不安がったりすることは、まったく意味のないことであることに気づきます。
なぜなら、いくら過去を悔いたところで、あるいは過去の思い出に浸って酔いしれていたとしても、また逆に将来のことを不安がったり、はたまた楽観的になって有頂天になっていたとしても、そんなことは何の意味もありません。それらは実体のない虚像に過ぎないからです。


私たちが唯一確かなものとして持っているものは、「今」という時であり、そして今、「自分のうちにあるもの」だけです。
あなたはそこに目を注いでいますか?
これから目を離さない限り、どうすることもできない過去の苦々しい思い出も、悔いも、あるいはどうなるかまったくわからない将来も、自分を揺るがすことはできません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。