学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

中3息子がゲームばかり

2016.05.20日

40代の会社員女性。シングルマザーです。中学3年の息子がどうしようもなくて、嫌になります。
高校3年の娘は大学受験に向け、親の私が驚くほど熱心に勉強しています。それに対し、息子は部活をやめさせられて以来、スマホのゲームばかりしています。同居する私の両親が息子のことで私に小言を言い、私は怒りを10倍にして息子にぶつけ、ケンカになる。いつも、この繰り返しです。


将来、こんな調子で定職に就かず、家でごろつかれても困ります。息子を私の人生から抹消したいとさえ考えます。本人にも、「こんなクズ、産むんじゃなかった」と言います。
一時は、息子の人生は息子が決める、私は明るくしてさえいればいいと、自分に言い聞かせていました。でも、こんな日々がいつまで続くのかと思うと、今、更生させるべきなのかと悩みます。(山口・C子)


◇大日向 雅美(大学教授)
子どもは必ずしも、親の思い通りに育たないものです。さりとて自分の人生から息子さんを抹消したいとは尋常ではありません。「こんなクズ、産むんじゃなかった」とまで母親から言われて、よく息子さんは耐えていると思います。


お手紙には、部活をやめさせられたと書かれています。事情がよくわかりませんが、高校受験か何かを理由に、息子さんの意思とは無関係にやめさせられたのでしょうか? そうでしたら、気持ちの整理がつかないのは当然です。


しかも家の中では、対照的に優等生のお姉さんが輝いていて、自分をめぐって祖父母の小言が飛び交い、母親からは存在を全否定されているのです。唯一の逃げ場がスマホのゲームになっているのだと思います。あなたはすでに息子さんを精神的に抹消しているのと同然です。
まず息子さんへの接し方について率直にあやまってください。今、何を考えているのか、何をしたいのか、じっくり聴いてください。娘さんと比べることはやめて、息子さんの良いところを探してください。
この先、ひきこもったり暴力を振るったりするほど追いつめないために、即刻あなたの心と態度を改めるべきです。

(5月19日付 読売新聞17面「人生案内」より)


昨日の記事「子どもをやる気にさせるコツ」に書いたことの正反対のことをすべてこの方はしていらっしゃいます。
このようなことを日々繰り返していて、親子間の信頼関係が壊れ、お互いに自暴自棄になってしまって、子どもがゲームという唯一の自分の世界に逃げる、というのはごくごく当たり前の結果です。


回答者のアドバイスはすべて納得のいくものです。
このような状況の下で、助けを求めてカウンセリングに行く人も多いです。
でも、ここで大切なことがひとつ見落とされています。
カウンセラーが、これはだめです、こうしなさいああしなさい、とアドバイスし、本人もそのとおりだと頭では納得するのですが、言われたとおりできないのが人間。
みんな自分なりの言い分もあるし、すべてのことの発端は相手にある、相手が変わらなければ、と考えるのが人の弱いところです。


真の解決の道はどこにあるかと言えば、本人のうちに、このままではだめだ、何とかしなければ、どうしても現状を変えたい、いい親子関係を築きたい、といった燃えるような願いがなければうまくいきません。
逆にこれさえあれば、もう問題の解決の道筋は見えたようなものです。
なぜなら、それさえあれば人に言われなくても自分で方法はいくらでも見つけられるからです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。