学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

早起きの鳥は虫を獲る?

2016.04.08日

昨夜寝たのはいつものように遅かったのですが、今朝はいつもより早く、というか超早く、5時に目覚めてしまいました。
「早起きは三文の得」となればいいのですが。


「早起きは三文の得」という諺を英語で
"The early bird catches the worm."
(早起きの鳥は虫を獲る)
と言います。


次はアメリカでの英語のジョークを和訳したものです。
遅寝、遅起きで夜中に遊び歩く息子に父親が説教して言います。
「早起きの鳥は虫を獲る」って言うだろう?
すると息子が父親に尋ねます。
「じゃあ、鳥に食べられてしまう虫はどうなの? 早起きするから鳥に食べられるんじゃないの?」
すかさず父親が答えます。
「よく聞きなさい。この鳥に獲られる虫は早起きしたんじゃないんだよ。夜通し遊んでいて、朝帰りする途中だったんだ」


なるほど。ものは言い様です。
上の英語のジョークを日本語に翻訳するときに、"The early bird catches the worm." を「早起きは三文の得」と言ってしまうと、このジョークは相手に通じません。


このジョークの中の鳥と虫じゃないですが、世の中を見回すと、一方で得する人がいれば、他方で損をする人がいます。
いつもそうというわけではありませんが、実際にはそのようなケースが多いです。
でも、知恵を用いると、両者とも得をすることも多々あります。
これを英語で Win-Win の関係と言います。

いくら自分が正しいと思っていても、それを相手に主張することによって角が立つようであれば、結果的には自分も傷つき、損をすることになります。
人は元来自己中心なので、自分が折れることは好ましく思わないものです。
しかし、「負けるが勝ち」という言葉があるように、言いたいことをあるときには呑み込むことによって、相手の気分を害することをせず、同時に自分も傷つかず、しかも良好な人間関係が築けるということがよくあります。
これもある意味 Win-Win の関係です。


私たちは毎日、一瞬一瞬、絶え間なくAかBかという選択を迫られています。
このようなときに、賢明な選択をすると、良い結果がついてきます。
親子関係、夫婦関係における意見の衝突など、とくにそうです。
感情に振り回されるのではなく、できる限り理性的に、相手にとっても、自分にとっても益となるような言葉の選択をしようではありませんか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。