学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

ほんやくコンニャク

2016.04.19日
jelly.jpg


今、世界中で人工知能(AI)が注目を集めています。
去る3月24日の「ついにここまで来たか」という記事の中でも、人工知能(AI)によって書かれた小説のことを取り上げました。
昨日の読売新聞には、3月24日に東京・読売大手町ホールで開かれた「読売ICTフォーラム」の内容を紹介する記事が載っていました。その一部を下にご紹介させていただきます。


 人工知能(AI)の「アルファ碁」が囲碁で韓国のトッププロ棋士に4勝1敗で勝ったことがメディアをにぎわせた。思考ゲームの中で囲碁は最も難しく、プロに勝つのは先だと思われていたが10年前倒しで起きた。大きいのがディープラーニング(深層学習)を使ったところだ。
 囲碁の場合、局面を画像として認識する度合いが将棋などより大きい。この辺は強いとか厚いとか、そういったことを絵として見る能力がコンピューターはこれまで苦手だった。ところがこのディープラーニングというのはそれが非常に得意だ。


 人間ならイヌ、ネコ、オオカミの画像を一瞬で認識できる。ところがこれをコンピューターにわからせるのは非常に難しい。目の形や耳の形に注目して判定すると、イヌとオオカミ両方の特徴を持つシベリアンハスキーのような例外が出てくる。今までどこが重要かを見抜いてモデルを作るのは人間がやっていた。それを一部だがコンピューターがやり始めたのがディープラーニングだ。2015年にはコンピューターが画像認識で人間を超えた。


 AIは今後、認識、運動、言語というように発展していく。子どもの発達の過程に似ていて、最初は見分けられるようになる。そのうち体の動かし方が上手になり、言葉を覚えるようになる。
 ドラえもんの「ほんやくコンニャク」のような、瞬時に正確に外国語を翻訳するものは30年ぐらいまでにできるのではないかと思う。


 AIやロボットにはメール管理、スケジュール管理といった情報路線と、産業用ロボットなどの運動路線がある。情報路線はグーグルやアマゾンなどが強いが、運動路線はがら空きだ。日本企業がディープラーニングの技術を使用して新製品を出すことで勝ち上がり、決勝リーグを戦うのは十分可能だと思う。
(4月18日付 読売新聞9面 「読売ICTフォーラム2016」 産業用ロボ 日本に好機…東京大学大学院工学系研究科特任准教授 松尾豊氏 より)


私が昔、アメリカに留学して言語学を研究していたとき、コンピュータによる機械翻訳は将来的にも不可能だと言われていました。
ところがどうでしょう。「ドラえもんの『ほんやくコンニャク』のような、瞬時に正確に外国語を翻訳するものは30年ぐらいまでにできるのではないか」と、松尾氏は語っています。2030年と言えば、ほんの14〜5年先のことです。
これまで夢物語だったことがAIのおかげで、どんどん実現されていて、私たちの生活がものすごいスピードで変わりつつあります。


AIによって人間は将来、コンピュータによって支配されるようになるのではないか、と危惧している人もいますが、東大発ベンチャー企業の創業者で、トヨタ自動車と提携して人工知能を用いた自動運転で注目を集めている西川 徹氏(プリファードネットワークス代表取締役社長)は上の記事の中で次のように語っています。
「人と機械は得意な分野が全然違う。人じゃないとできないところはずっと残り続けると思うので、お互いの強みを融合させてより高度な社会を設計していく。その設計ができるのは人間しかいない」
私はこの分野に関してはまったくの素人ですが、同氏の発言に100%同意します。
ですから、たとえ「ほんやくコンニャク」のような便利な機械が登場したとしても、翻訳家や通訳が消えてなくなることはないでしょうし、英語を始めとする語学の勉強が不必要になることは絶対にないと思います。いえ、その必要性はきっとますます高まることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。