学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

わかっちゃいるけど...

2016.03.09日

一日の始まりを鮮やかに切り取ったような歌である。
ぐっすりと眠れた朝は返信のメイルの論旨も実に明快 (青山繁)。
昨年10月に、読売歌壇に掲載された。
◆世の中にパソコンやスマホが普及したせいで夜更かしの人が多くなる、と思っていたらそうでもないらしい。最近報じられたNHK「国民生活時間調査」によれば、早寝のタイプが増えているという。
1970年から減り続けていた、平日の平均睡眠時間も、下げ止まった。
◆現代人が、安息の大切さに気づき暮らしを変え始めたのだろうか。
◆1972年に刊行された開高健の小説『夏の闇』を繙ひもとく。主人公が、眠りをなおざりにする時勢に疑問を呈する。〈食慾、情慾、運動、労働、思考、煩悶、愉悦、すべてが、いっさいがっさいが、生そのものが眠りによってのみ完成されるはずなのに〉。
こうも考える。〈無数の作家たちが性の描写に熱中するほど眠りの描写に熱中しないのはどうしてだろうか)。
◆毎朝、直近の睡眠を振り返ってみるか。微妙な違いを表現できるか、自信はない。自分の心身のコンディションを知る手がかりを得られそうな気はする。

(3月7日付 読売新聞「編集手帳」より)


2年前の記事、「健康の秘訣」の中で、
「食事、運動、睡眠・休息、趣味・遊び、ストレスを避ける、笑顔・笑う」
を挙げ、睡眠の大切さを書きました。
この記事に出てくるセロじいさんの立ったまま居眠りする動画にはホントびっくりぽん。羨ましい限りです(笑)。



こんなに眠れれば幸せです。
私は最近夜中の3時、4時にトイレに目が覚めると、床に戻ってからいろいろなことを考えたり、お祈りをし始めたりしてその後朝まで眠れなくなることがよくあります。
下手をすると睡眠時間3時間、4時間ということもしばしばです。
「これじゃ体にいいわけないよ。わかっちゃいるけどやめられない」
じゃないですが、「ねむれない…」。
本当に変な癖がついてしまったものです。


睡眠が健康の秘訣だということがわかっていながら、寝るのが遅く、夜中に目覚めて眠れない、というのは一番悪いことで、反省することしきりです。
どちみち早く目覚めるのなら、私も冒頭の記事のように、早寝を心がけるようにします、ハイ。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。