学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

学習障害

2016.03.16日

長男(13)が小学6年だった2014年12月、発達障害の一つである学習障害(LD)と診断された。
 知的発達の遅れはないが、読み書きが十分にできず、九九も覚えられない。自分と父(73)も同じだった。「不便だったものは、これなんだ」と心が軽くなった。
 進学先の中学校に宛てて、長男や自分、父が悩んだ経験を文章にまとめた。「あ」「お」といった丸みのある文字が判別できない、「客」は分かるが、2文字からなる「額」は混乱する……。小学校の特別指導の教諭に見せたところ、出版を勧められた。「恥ずかしがってばかりでは、分かってもらえない」と執筆に挑んだ。
 原稿は手書き。漢字は、平仮名をスマートフォンで変換して書き写した。昨年12月に出した本の題名は「学習障害三代おそろい」。父が勤務先に出す書類を、姉が代筆していたこともつづった。
 支えがあれば、周りと同じ生活ができることは実体験で分かっている。「少しでもLDのことを知ってもらい、子どもたちが生きやすい時代になってほしい」と願う。

(3月15日付 読売新聞「顔」 親子3代の学習障害を本にした松本三枝子さん より)


学習障害についてもっと一般の人々に知ってもらいたい、と親子3代にわたる自らの学習障害の経験を本にした勇気。
世間では、今でも学習障害に対する偏見は強く、異常視したり、言葉は悪いですがバカ扱いしたりする人がたくさんいますが、著者であるお母さんが「不便だったものは、これなんだ」とおっしゃっているように単に「不便」なのです。
これはちょうご乙武洋匡さんが、「障がいは不便です。しかし、不幸ではありません」(「五体不満足」)と言っていらっしゃるのと同じです。


さまざまな障がいを持っている人たちに対して、世の中がもっと受容的になることを切に願うものです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。