学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

〜だから幸せ vs. 〜だけど幸せ

2016.02.07日

「健康に恵まれて幸せです」
「家族に恵まれて幸せです」
「友人に恵まれて幸せです」
「仕事に恵まれて幸せです」


と人はよく言います。
これらは全部「〜だから幸せ」という環境依存型の幸せです。
もちろん、これらは悪いことではありません。
実際、多くの人が上のように感じています。
しかしこれだと、もしも病気になったり、事故に遭って入院したりすると、たちまち「不幸」になってしまいます。
また、信頼していた友人に裏切られたとか、子どもがぐれてしまった、伴侶に裏切られた、期待に応えてくれない、また会社が倒産して失業したりすると、不幸のどん底に陥ってしまいます。


「幸せ」を英語で happy と言いますが、この言葉は「ハプニング」の happen 、すなわち「偶然起こる」という言葉に由来しています。
偶然の出来事に依存したのが、多くの人々の幸福感なのです。
生きていれば誰でも肉親や愛する人との別れもありますし、さまざまな病気や事故なども起こります。
それによって不幸になるのなら、この世の中、幸せな人などひとりもいません。


この「環境依存型幸福論」でいくと、乙武洋匡さんなどは不幸のお手本のようなものです。
しかし実際は、乙武さんは多くの五体満足の人よりもよほど幸せです。
なぜなら、乙武さんはご自分の体の障がいを「不自由だが、不幸ではない」と考えていらっしゃるからです(「五体不満足」)。


物事の見方、考え方次第で、たとえどのような状況・環境の下にいても、幸せにもなれば不幸にもなります。
人生はすべて選択です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。