学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

幸せはすぐそこにある?

2016.01.20日

多くの人にとって、幸せとはすぐそこにあるものです。
卒業証書や仕事、昇進、昇給。ただこれさえあれば幸せになれるのです。
ひょっとしたら結婚を、あるいは子どもができるのを待っているのかもしれません。
または定年退職したら幸せになれると思っています。


アルフレッド D’スーザは語っています。
「人生はもうすぐ始まると私は長い間思っていました。
でも、いつもなんらかの障害になるものがありました。まずやっておかなければならないことがあったり、まだやり終えていない仕事があったり、働かなければならない期間が残っていたり、あるいは返済しなければならない借金があったりとか。
これらが片付けば自分の人生は始まると思っていました。
しかし、これらの障害こそが自分の人生なんだとようやく気づき始めました」


ジョン・レノンは次のような別の言い方をしました。「人生なんて、ほかの計画を立てている間に起こるものさ」
つまり、私たちの人生とは今、現在起こっているものなのです。
自分が望む満足感や充足感を得ようとするならば、私たちは身に起こること、また周囲で起こることすべてのうちに喜びや楽しみを見出すことを学ばなければなりません。というのは、これらの経験こそがまさに私たちの人生そのものだからです。


人生とは目的地ではなく、旅のようなものだということに気づくならば、私たちはもっとも多くのものを人生から得ることができるのです。
ですから、もし自分のしたいことがあったなら、それをしようがしまいが関係なく、自分は幸せになれるのだという事実に気づき、自らをそれに合わせることを今始めるのです。


幸せはすぐそこにあるのではありません。今すでにあるか、それとも決してやってこないかのどちらかです。
幸いなことに、あなたは幸せになるために必要なものはすべて持っています。
哲学者、詩人、科学者などはみんな口をそろえて言っています。幸せは、お金や名声や権力によっては手に入れられないと。
幸せとは、事実ではなく、心の持ちようなのです。
あなたに必要なものは楽観と感謝の心です。


マイケル・ジョゼフソン(キリスト教牧師)
(訳:舟田譲二)


ohana.JPG


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。