学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

舟田式ひも勉強法 その4

2015.12.11日

「枝葉末節ではなく、根幹を大切に」と2回にわたって書いてきました。
多くの人の勉強法が、個々バラバラの点のような事項をとりあえず試験のために覚えるというやり方に終始していて、肝心の全体像や流れ、すなわち、点と点がつながってひもとなって見えていないのです。
そして、そのようなやり方が勉強そのものだと思い込んでいるため、勉強がつまらないという結果になってしまっています。


生徒や学生の多くが普段の学びや復習を大切にせず、試験前になって慌てて試験に出そうなものを頭の中に無理やり詰め込んで暗記しています。
このような勉強法は非効率的なだけでなく、何も身につかないばかりか、勉強嫌いになるのがおちです。


勉強とは本来、未知のものを探求し、発見し、自らの糧にしていくというワクワクするような楽しいものです。
この楽しさを一旦味わうと「勉強にハマる?」ことだって十分に可能なのです。
それは、ただ単に個々バラバラの知識を暗記で頭に詰め込むという作業ではありません。
好きなこと、楽しいことは、暗記しようとして覚えるのではなく、自然と頭の中に入っていって、記憶として身につき、生涯役立つものです。ちょうど上の「勉強にハマる?」の記事の中に登場した社会博士のN君のようなものです。


私の場合の英語も同様です。
私は英語を勉強としてとらえて、英単語を試験のために一生懸命暗記したとか、文法を覚えたという記憶がありません。
英語が好きで好きで仕方がなく、どんどんハマっていくうちに、自然と単語も発音もスペルも文法も読解もリスニングも身についていき、今では日々の生活の中のいたるところで英語を実際に使っています。
試験のために暗記中心で英語を勉強してきた人にはできないことです。
そして、これこそが本当の勉強の仕方だと確信しています。なぜなら、このような勉強法で身につけたことは試験が終わったからといって消えてなくなってしまったり、「読み書きはできるが、英会話は...」に書いたような実際に役に立たない知識とは根本的に異なるからです。


一昨日の記事「舟田式ひも勉強法 その3」を読んだひとりの愛読者の方から次のようなメールをいただきました。
「日本の人が書いた注意書きに笑ってしまいました。私も高校時代、アメリカでI'm boring. と言ってしまい、No, you are not boring.(^。^)と笑われてしまったことを思い出しました」


これに対して私はこのようなお返事をしました。
「素晴らしい具体例を挙げてくださいました。
よくわからない方のために少し補足しますと:
英語のboreは自動詞で「退屈している」という意味だと思い込んでいらっしゃる方がとても多く、現在進行形で「私は退屈している」と言うつもりでで"I am boring."と言ってしまいます。
でも、これは他動詞で「人を退屈させる」という意味で、正しくは"I am bored." 、すなわち「私は(何か外的状況により)退屈させられている」という意味から日本語の「私は退屈している」となります。
そして、bore が「退屈させる」という意味から、これに ing をつけると「退屈させている」という意味の形容詞になり I am boring. と言うと、「私は退屈させる人」という意味になるのです。ですから、"No, you are not boring." と、「あなたは決して退屈な人じゃありませんよ」と言われたわけです。
このように、理屈がしっかりわかっていれば決してこのような間違いは犯さないのですが、ただ単に暗記に頼った勉強法をしていると役立たないという、とてもいい例です。
ですから、学校で bore という語を教える時には、ここまで具体例を挙げて、英語と日本語の文法構造の違いや用法まで説明しておかないと、基礎からしっかりやったということにならないのです」


ちなみに、下の左の絵は、「退屈だなー」という意味で、右の画像では、「退屈している、というのはたいがい『自分は退屈な人間だ』という意味だ」となります。

bored11.gif boring.jpg


上の例のように、試験のための暗記を超えた本物の勉強は、ひものようにつながっています。英語でいえば、単語も発音もスペルも文法も読解もリスニングも会話も全部つながっているのです。
ですから、当然の結果として英会話もできるし、外国人の友達を作ることも、本も読むことも、テレビや映画を観て理解することも、インターネットを活用して自分の欲しいものを手に入れることもできるのです。
試験のために勉強し、試験が終わったら忘れてしまうような勉強は、時間とお金とエネルギーの無駄です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。