学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

あなたはピンクの象ですか?

2015.12.08日
Elephant_rose.jpg


以下は、Bob Proctor の12月5日付 Insight of the Day からの引用です。


Are You a Pink Elephant?
あなたはピンクの象ですか?


Once upon a time a pink elephant was born.
昔むかし、1頭のピンクの象が生まれました。
He was so clearly different from the rest that soon the grey elephants started to distance themselves and ignore him.
この象は他の象とはあまりにも違っていたので、しばらくすると灰色の象たちは彼から距離を置き、無視するようになりました。
The little pink elephant felt very sad and rejected.
小さなピンクの象は差別されているように感じ、とても悲しくなりました。
He realized that in order to fit in with the rest of the herd he had to be just like them.
群れの他の象たちの仲間に入るためには、彼らと同じようにならなければならないと思いました。
So, he covered himself with mud and dirt until he became a dirty grey.
そこで彼は、汚れた灰色になるまで泥や土で身を覆いました。
Throughout the years he kept covering himself and hiding behind the dirt.
何年も彼は自分の身を覆って、泥の陰に隠れていました。


Then one day, rain began pouring down and washed away all the mud and dirt from his body.
ところがある日、土砂降りの雨が降ってきてピンクの象を覆っていた泥や土をすっかり洗い流してしまいました。
He was pink again!
彼はピンク色に戻ってしまったのです!
The grey elephants turned and started laughing at the sight of his obvious pinkness.
灰色の象たちは振り返って、彼がピンクなのを見て笑い始めました。
As the laughter grew louder he realized that he was trying to fit into a group that would never understand him.
笑い声が次第に大きくなってきた時、彼は気づきました。自分のことを決して理解してくれないグループに自分を合わせようとしていた自分の姿に。
He knew that he was different and that he needed to find a group of pink elephants just like him, where he would be accepted and learn to love himself as he was.
彼は自分が他の象たちとは違うことを、そして自分を受け入れてくれ、ありのままの自分を愛することができるような、同じピンクの象のグループを見つけなければならないことを知っていました。


Imagine yourself as an “Elephant”, the largest land animal on earth.
自分自身を「象」だと想像してみてください。地上最大の動物です。
An elephant is too massive to miss.
象はあまりにも大きくて、見過ごすことなどできません。
It has an enormous amount of power.
ものすごい力を持っています。
If you were a “Pink Elephant” when you were born, then you are different from most of the people around you.
もしあなたが「ピンクの象」で生まれてきていたとしたら、あなたは周囲のほとんどの人たちとは違っています。
People will think that you are a bit strange when they meet you and because of this you may try to hide your true self.
人々はあなたに出会うと、あなたがちょっと変わっていると思うでしょう。そして、あなたはそのため本当の自分を隠そうとするかもしれません。
You try as hard as possible to fit in, but people always notice you.
あなたは一生懸命努力して他の人たちの中に紛れ込もうとしますが、人はいつでもあなたのことに気づきます。
Sometimes you will be admired for being different, but often you will be ridiculed.
ときに、あなたは他の人たちと違っているので尊敬されるかもしれません。でも、多くの場合あなたはからかわれることでしょう。
Then, you have one of two choices to make.
ここであなたには二つの選択肢があります。
Either you gather your strength and are proud that you are Pink or you try to convince everyone that you are exactly like them.
勇気を奮い起こして自分がピンクであることに誇りを持つか、それとも自分は他の人たちと同じだと周りの人たちを説得しようとするかのどちらかです。
Most choose the second option. It seems easier to just fit in.
ほとんどの人は、後者を選びます。人の中に紛れ込むほうが簡単に見えるからです。


The truth is that it doesn’t matter that people will laugh at you, think that you are weird, or feel your dreams seem totally unattainable - You must not listen to them.
でも、人々があなたのことを笑おうが、あなたのことを変人と思おうが、あるいはあなたの夢など絶対にかなえられるわけがないと思おうが、そんなことはどうでもいいことなのです。このような声に耳を傾けてはいけません。
They are too entrenched in the limited herd mentality to see the greater possibilities that are available.
彼らは、他の人たちと一緒にいれば安心という「群れのメンタリティー」で固まっていて、もっと大きな可能性が手の届くところにあることに気づかないでいるのです。


I travel around the world and teach (hidden) Pink Elephants to become themselves.
私は世界中を回って、(隠れた)ピンクの象たちに、ありのままの自分になるよう教えています。
I bring them together and show them that they are not alone.
私は彼らを集めて、彼らが決して孤独でないことを教えます。
They come alive in the presence of others just like them.
彼らは自分たちとまったく同じような仲間がいることを知り、生き生きとしてきます。
Keep in mind that all the great inventors and innovators were Pink Elephants.
これまでの偉大な発明家や革新者たちはみんなピンクの象であったこととを覚えておいてください。
It takes a unique person to get to the moon, be a music icon or create personal computers.
月に行ったり、音楽界でアイドルになったり、パソコンを作るには特別な人が必要なのです。
The herd is always afraid of new ideas, but unabashed “Pink Elephants” are never stopped.
一般大衆は常に新しい考えを恐れます。しかし、物おじしない「ピンクの象」は決して止められません。
Pink Elephants live in a world of possibilities, not fear.
ピンクの象は、恐れの世界ではなく、可能性の世界に住んでいるのです。


So start a Pink Elephant group in your community today and see your world change!
ですから今日、ピンクの象のグループをあなたの身近なところから始めて、自分の世界が変わるのを見てください。


“What is different about you is what makes you special.”
『あなたが他の人たちと異なるところが、あなたを特別な存在にするのです』


Bernard Hiller
バーナード・ヒラー


Excerpt from “Stop Acting – Start Living” by Bernard Hiller
バーナード・ヒラー著『演じるのをやめて、生き始めなさい』より抜粋
(訳: 舟田譲二)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。