学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

あなたは右脳派、それとも左脳派

2015.11.26日


上の動画を見ていて、シルエットの女性が右回り(時計回り)をしているように見えますか?それとも左回りしているように見えますか?
最初右回りしているように見えたのに、しばらく見ていると左回りしているように見えるかもしれません。その逆もあります。ひょっとしたらずっと同じ向きに回っているようにしか見えないかもしれません。
人によって見え方が異なります。でも、どのように見えても正常です。
同じ向きに回っているようにしか見えない方は、足の先に神経を集中してしばらく見つめてください。そして心の中で「右」あるいは「左」と言ってみてください。すると、その都度回転がその方向に変わります。


これであなたが右脳タイプか左脳タイプか分かると言われます。
右回転しているように見える人は右脳タイプ、左回転に見える人は左脳タイプだそうです。
よく言われているように、右脳タイプの人は:
ひらめき、直感、イメージ記憶、芸術性、創造性、空間的、全体を見る力、同時的情報処理能力、図形を読み取る、音楽を聴くなどの傾向があり、
左脳タイプの人は:
話す、書く、分析力、論理的・科学的思考、推論、言語認識、計算・数学理解力
が強いそうです。


しかし、上の動画を見ていて両方見えるように、ほとんどの人はもちろん左脳・右脳ともに働いています。
ですから、脳科学的にはひとりの人が完全に右脳タイプとか、左脳タイプということはないそうです。
ただ、人によってどちらかと言えば、左脳が強い、右脳が強いなどという傾向はあります。
そして、自分がどちらのタイプの傾向が強いかを知っておくことは、進学先や将来の職業などを考える際にも役立つかもしれません。
私などは典型的な左脳派人間です。
でも、左脳派だからこうとか、右脳派だから絶対にこう、というわけではなく、だれでも訓練で別の分野を強くすることもできますし、その方がより豊かな人生を送ることができると思います。
たとえば、普段左脳をよく使っている人は、気分転換に芸術鑑賞や音楽を聴いたりして右脳を刺激したり、右脳をよく使っている人は推理小説を読んだり、人と議論することによって左脳を鍛えることができます。


もうひとつ、簡単なテストがあります。
私はこの診断テストでも、インプット・アウトプットともに左脳タイプで、
「論理的にとらえて論理的に伝えるので、本人もまわりのひとも、ものごとを的確に理解できる!ただし、堅い感じがしないでもないが。。。 左脳左脳の人はイメージや感覚・感情を研ぎ澄ましてみるとよいでしょう」
と診断され、なるほど、道理で教師に向いているわけだと納得した次第です。
次のリンク先をクリックしてぜひ試してみてください。
「右脳・左脳のおもしろ診断」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。