学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

結婚、子育てで失敗しない法

2015.11.16日
family.jpg


[人生案内]離婚の長女 3人子連れで疲弊


60代の女性。3人の子どもを連れて離婚した長女の今後が心配です。
 長女には小学生2人と5歳の子がいます。2年前にうつになり病気休業を繰り返しながら働いています。
 先日、「自分は子どもを育てられない」と言い放ちました。子どもが言うことを聞かずわがまま放題で、ゆううつになり、むなしくなるのだといいます。
 再婚したいと、結婚相談所に登録しましたが、うまくいきません。「3人子どもがいるのは、そんなにハンデなのか」と落ち込んでいます。精神的に男性にすがりたい、と言います。
 状況を見かねて、私は孫たちを3日ほど預かりましたが、すっかり疲れてしまいました。私にも持病があり無理がききません。
 長女の元夫に、子どもを引き取ってもらえないかと話をしたら、「何を今さら」と断られてしまいました。
 心配でなりません。私は母親としてどうすべきでしょうか。(広島・W子)


     ◇


 いや、ご長女の子育てのご苦労いかばかりかと共感したいのですが、それ以前にお子さんたち、父からも母からも邪魔者扱いされて、何だか不憫ふびんすぎます。
 第一、「子どもを育てられない」と宣言したところで、お子さんにとって大切な母親であることに変わりありません。ご長女の母であるあなたが、「それを言ってはいけない」と諭してあげるべきかと。
 ご長女は再婚を考えておられるようですが、それを実現するためにも、まず母が子をかわいがらねば。「子どもがいるのはハンデ」と言う以前に、我が子への愛情がないのでは良い旦那が来てくれるわけもない。子どものある女性と再婚したい男性の心理は、やはり平和で幸せな家庭を作りたいという願いでは? 「子どもが嫌なので男に頼る」のでは、かえって男が寄り付かないでしょう。
 持病があるのに本当に精いっぱいの力を尽くしておられるあなたに頭が下がりますが、ご長女の子育てを代行したり、元夫に子どもを押し付ける算段をしたりするのではなく、子どもをどうやったら愛せるかを、ご長女と一緒に真剣に考えることから始める必要があるように感じられました。
野村 総一郎(精神科医)

(11月14日付 読売新聞「人生案内」より)


野村総一郎さんの名回答には、いつも「スカッと爽やか」な気持ちになります。お見事と言うほかありません。
相談者もそのご長女さんも、一昨日の記事「結婚ってフィフティ-フィフティ?」に書いた正しい結婚観、育児観を持っていらっしゃたなら、状況は180度変わっていたことでしょう。


多くの人が結婚を自分中心に考えています。
そして、自分の思うようにいかないと、安易に離婚という形で解決を図ろうとします。その結果、いつも子どもたちが一番の被害者になります。
このご長女さんご夫妻も、結婚に対して正しい考え方をしていらっしゃったなら、きっと結婚生活はすっかり違っていて、離婚を避けることができ、また子育てで苦しむことも、うつになることも、再婚で悩むこともなかったことでしょう。
もしも、このままの考え方をしたままで子連れで再婚されても、また同じ過ちを繰り返すことになる可能性が大です。
とどのつまり、結婚も子育ても、原則に従って行えばうまくいくものであり、大きな祝福となります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。