学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

耳に痛い言葉

2015.09.25日
tumblr_lro2crN8wl1qjscu1o1_1280.jpg


"There are many more people trying to meet the right person than to become the right person."
-- Gloria Steinem - Journalist and Author
「正しい人物を探そうとする人の方が、自ら正しい人物になろうとする人よりずっと多いものだ」
-- グロリア・スタイネム ジャーナリスト、作家
(訳:舟田譲二)


グロリア・スタイネム(1934年 - )は、アメリカのラディカル・フェミニズム運動の活動家で著述家、女性の権利の擁護者。


「正しい人物を探そうとする人の方が、自ら正しい人物になろうとする人よりずっと多いものだ」
というスタイネムの冒頭の名言に、私たちは素直に耳を傾けなければなりません。
私たちはともすれば他人にさまざまな要求をぶっつけるくせに、自分自身がそのような要求にふさわしい人物になろうと努力しないものです。
胸に手を当てると、私自身、本当に耳に痛い言葉です。


原文の the right person は文字どおりには「正しい人物」で、実際その意味するとおりなのですが、同時にこれには「ふさわしい人物」という意味も含まれています。
「ふさわしい人物」とは、教師であればこうあるべきだとか、親として、上司として、部下として等など、相手にさまざまなことを期待し、要求するものです。
しかし、それに対して、自分が「ふさわしい人物」になるよう努力しているか、と言うと怪しいものです。


私たち一人ひとりが、他人に要求する前に自分がそのような人物になれるよう努力するなら、家庭の中は、また社会は、そして世界はずっと平和で住みやすいところになることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。