学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

1分遅れるよりは3時間早く!

2015.09.17日
williamshakespeare139153.jpg


"Better three hours too soon than a minute too late."
-- William Shakespeare
「1分遅れるよりは3時間早く!」
-- ウィリアム・シェイクスピア
(訳:舟田譲二)


私など常に時間ギリギリ。1分遅刻どころか、時間を勘違いしていて1時間遅れたこともあるほど。「3時間前」など考えも及びません。
しかし、考えてみれば確かに、何事においても「1分遅れるよりは3時間早く」する方がいいに決まっています。

つい2週間ほど前、ドルトムントのドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(27)がガラタサライ(トルコ)へ移籍する手続きが、移籍期間の締め切りである0時を48秒過ぎていた問題で、FIFAは2日に移籍を認めないと発表しました。
グロスクロイツはすでにガラタサライと3年契約を結んでおり、次の移籍期間の来1月まではガラタサライで練習するといい、わずか1分弱の遅れが、4カ月も公式戦に出場できないという結果となりました。


もっと極端な場合、ほんの1秒弱の違いが生死を分けるということだってよくあります。
先週の房総地方の豪雨による堤防決壊など、その典型的な例です。


学生の場合であれば、学校の試験勉強や受験勉強。
ついついまだ時間がある、と油断していて気がついたら時間切れなんてことはほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。
「3時間」どころか、3日でも、3週間、いや3か月、3年早ければ、ということだってあります。


シェイクスピアさんのお勧めに従って、「1分遅れるよりは3時間早く」を武断から心がけたいものです。きっと、これだけで人生が変わることでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。