学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

重厚長大から軽薄短小へ

2015.08.11日

不景気の影響もあって、世の中は急速に「重厚長大から軽薄短小」化しています。
同時に便利を追求して軽薄短小化も進んでいます。身近なところでは、パソコンやメモリー媒体、携帯などのサイズがどんどん小さくなっています。
車も今やコンパクトなのが世界の主流に。
私が初めアメリカに留学した1970年代のアメ車はまさに「重厚長大」でした。
その典型の当時のキャデラックはこんな感じでした。


cadillac.jpg


私の住んでいる街で時々この車を見かけますが、改造し車高を低く下げて大音量で「ドン、ドン、ドンっ!」とビートを効かせた音楽をかけて走っています(笑)。


つい先日見かけた新車のキャデラックは信じられないほど小さくなり、隣の日本車のクラウンとほとんどサイズが変わらないほどです。


caddycrown1.JPG caddycrown2.JPG


しかも、昔はキャデラックと言えば一部の本当の金持ちしか持てなかったのに、今やごく普通の人が所有しています。私が子どもの頃は、ごく少数の金持ちの医者がカブトムシの愛称で呼ばれる小さなフォルクスワーゲンに乗っているだけでした。
しかし今では800万〜1000万円以上するような外国車を至るところで見かけるようになりました。


昨日は、なんと世界一の高級車と言われるロールスロイスが停車している私の小さな愛車、プリウスの真横を通っていき驚かされました。
これは見るからに「重厚長大」でした。


rollesroyce.jpg


日本はまだまだ不景気のただ中というのに、このような超高級車が普通に走っているところを見ると、国の景気はどん底ではないということでしょうか。


世の中はこぞって重厚長大から軽薄短小へ進んでいますが、人もひと昔前のような大きな器は長らく現れず、重厚長大な地位や名誉や財産、モノなどを求める軽薄短小な人が増えてきているような気がするのは私だけでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。