学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

小さな人助け

2015.07.21日
shawn.JPG


"Great opportunities to help others seldom come, but small ones surround us every day."
-- Sally Koch, Author
「人助けをするものすごい機会なんてめったに来るものではない。しかし、小さいものなら毎日私たちを取り囲んでいる」
-- サリー・コッホ、作家
(訳:舟田譲二)


1週間ほどの短期間滞在をしていた長男の直人夫婦が、昨夜ロサンゼルスに向けて羽田を発ちました。
昨日、朝起きてきて、開口一番
「今日がもう最後の日なので、俺から提案があるんだけど。
オススメの映画があって、それを家族みんなで一緒に観に行かない?」


ということで観に行ったのが、『羊のショーン』というアニメ。
最初のうちはなんだと思って観ていたのですが、そのうちにだんだんハマっていきました。
隣に座っていた妻は、ここ1週間あまりずっと夜中から明け方近くまで仕事をしていて、しかも昨日の次男の結婚式で疲れていました。それで、羊が主人公の映画だからきっと「羊が一匹、羊が二匹」ですぐに寝てしまうよ、と言っていたら予言的中。
羊飼い(牧場主)が羊を数え始めた途端に、羊飼いと一緒にすぐに眠り始め、映画が終わるまでぐっすり眠っていました。良い休息の時が取れたようで本人は大満足でした。


この映画は子ども向けのアニメのようでありながら、実は我々大人もそのストーリーから、ある事件を通して羊飼いと羊の間の愛情を深く教えられるもので、なかなかの感動ものでした。
直人の妻の恵利紗のお気に入りの物語ということで、恵利紗は泣きながら観ていたそうです。

さて、冒頭のサリー・コッホの言葉はまことに至言。心からアーメンと唱えたいです。
このような日々の小さな人助け、それも自分の親や子ども、兄弟、友人、同僚、上司と部下、近隣の人など、毎日顔を合わす人たちこそ、まさに私たちが率先して手を差し伸べなければならない相手です。


ところがどうしたことでしょう。
私たちはとかく夫婦間や親子間など身近な人たちほど、言葉遣いや接し方でぞんざいに扱ってしまう傾向があるのではないでしょうか。
お客さんやよその人たちにいくら丁寧に接し、親切にして人々から良く思われていても、いわゆる「内弁慶」で、外の顔と内の顔が違うようでは意味ありません。
私たちの親切な言葉を一番必要としているのは、実は私たちの身近な人たちなのです。
それこそ朝起きてからから夜寝るまで、小さな親切をする、人助けをする機会など数え切れないほどあります。


昨日観た映画『羊のショーン』に登場する羊飼いと羊。羊あっての羊飼い、羊飼いあっての羊。日常生活の中でお互いに相手を必要としているのですが、それがなかなか分からない。何かがあって初めて相手の存在の大きさに気づくものです。


いま一度、私たちも日々の生活をもう一度点検してみようではありませんか。
そして、身近な人たちに優しく接し、小さな人助けを日々心がけるようにしましょう。そのようなチャンスは身の周りにいくらでも転がっています。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。