学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

この世で一番大切な教え

2015.07.24日
dunkin.jpg


"My father taught me that reputation, not money, was the most important thing in the world."
-- William Rosenberg, Dunkin Donuts founder
「この世で一番大切なものは、お金ではなく評判だと父は私に教えてくれた」
-- ウィリアム・ローゼンバーグ、ダンキンドーナツ創業者
(訳:舟田譲二)


「ダンキンドーナツは、日本では1970年〜1998年まで展開していました。当初は旧セゾングループ(西武百貨店グループ)の一部門でその後、潟fィーアンドシーとなり、1988年に吉野家と合併しました。当初の責任者が「菓子を作るために入社したんじゃない!」等と文句タラタラで競合のダスキン率いるミスタードーナツとの競争に敗れ、1998年9月末で日本での営業に終止符を打つことになりました。
ダスキンが全力でドーナツ事業に取り組んでたのに対し、セゾングループはダラダラやったせいで赤字続きでした。
撤退間際は少しでも赤字を減らそうとセントラルキッチン制に移行したり、コーヒーやサンドイッチなどのメニューを強化しましたが上手くいかずに撤退となりました。
国内ではほかの回答者が仰せのとおり、米軍基地のイベント時に購入することができます。
因みにミスタードーナツとダンキンドーナツは元々は同じで、創業者同士が親族関係にあります」
(Yahoo知恵袋より転載)


アメリカでは有名なダンキンドーナツ、日本でどうなったのかな、と思っていたら上の記事に出くわしました。
図らずも創業者のウィリアム・ローゼンバーグが父親から教わっていた「この世で一番大切な教え」が活かされず、それがそのまま裏目に出て、嫌な「予言的中」と相成ってしまいました。


かたや、ミスタードーナツは大成功。これは親会社であるダスキンが本腰を入れてやったということもあるでしょうが、それ以上にダスキンの「喜びの種まき」という経営理念にあるように思われます。
私が小学生の頃、ダスキンは1か月のレンタルモップでスタートしましたが、こんなのがいつまで続くのだろうと思っていたら、意外や意外。ミスタードーナツを始め次々と新しい事業を展開し、どれもその経営理念によって一生懸命やってきたため大成功を収めました。


「この世で一番大切なものは、お金ではなく評判」という冒頭の教えは私たちも心しておかなければなりません。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。