学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

今日は何の日?

2015.06.21日

運命や第九の作曲家として名高いベートーベンは1770年、(     )のボンで生まれた。


兵庫県の高校で出た音楽の試験の問題だそうです。
珍解答:  ええとこ
正解はもちろん(ドイツ)ですが、「ベートーベンは(ええとこ)のボンで生まれた」の珍解答に大爆笑。妻にもシェアして一緒に大爆笑。涙を流して二人で大笑いしました。
ところが次男に言ったところ、ピンとこないようで、しばらくしてから「ボンって男の子のこと?」。
彼は関西弁で男の子のことを「ぼん」というのを知らなかったのです。ここでまたまた大爆笑。


さて、今日は何の日でしょう?
「父の日?」 はい、正解です。


そして同時に数年に一度、父の日と私の誕生日が重なる日です。
得なのか、それとも損なのか? 重なると一回しか祝ってもらえないから損⁉︎
いいえ、そんなことありません。
うちではもともと父の日も誕生日も祝う習慣がなく「パパ、誕生日おめでとう」と言ってもらうだけなので、別に重なろうが重なるまいが何の違いもないのです。


しかし今年は特別です。
それはなぜかと言うと...
じつはわりと最近のことですが、なんと偶然に私の母子手帳を発見したのです。生まれて初めて見ました。
父の遺品の中に紛れ込んでいたようです。


%95%EA%8Eq%8E%E8%92%A0.JPG


4年前に天国に帰った父が後生大事に私の母子手帳を取っておいてくれたのです。
紙の質も悪く、色もきれいではありません。
神奈川県が「神奈川縣」という古い字体で書かれています。
中を開けると出生時の体重は740匁(もんめ)とあり、当時の尺貫法で表記されています。1匁が3.75gなので2775g。


私は貧しい家で生まれ育ちました。決してベートーベンのように「ええとこのボン」で生まれたわけではありません(「もうひとつのクリスマスキャロル」)。
でも両親にとても愛され、大切に育てられ本当に幸せでした。
そして、このたび図らずも私の母子手帳を偶然父の残した遺品の中から見つけ、父が私のこの母子手帳を最後まで大切に持っていてくれたことを知って目頭が熱くなり、胸にぐっと込み上げてくるものがありました。


3-year-old%20George.JPG


上の写真は私が2〜3歳の頃のものですが、貧しかったにもかかわらずこのようにパーマをかけてもらい、こんなジャケットを着せてもらっていたことからも両親の愛を深く感じることができます。
そして私が両親に対してできた一番の恩返しは二人に信仰を持ってもらい、天国に送ることができたということです(「バレンタインデーに嬉しいことが3つ」「夢はかなう! その2」)。
やがて私も天国に帰ったとき、真っ先に会いたいのは私をこの世に生んでくれた愛する両親です。


私の誕生日を祝って、今月初めにプレゼントを送ってくださった方がいらっしゃいます。私がうどん好きなのを知った香川県にお住まいのFBフレンドのAさんは地元の美味しい讃岐うどんをたくさん贈ってくださり、堪能させていただきました。
また数日前からFBフレンドの方々から有り難いお祝いのメッセージが寄せられており、今朝は早くから数えきれないほど多くの方から誕生祝いのお言葉が送られてきました。
同じくFBフレンドのKさんからも今朝、心のこもった温かいプレゼントが贈られてきました。
皆さん、本当にありがとうございました。


うちの家族からは...というと、
「パパ、誕生日おめでとう!」
という有難い言葉(のみ?)をいただきました。
また、今日は柿谷正期牧師より、礼拝の中で按手礼のプレゼントをいただきました。
今日から平塚見附キリスト教会の協力牧師として新しい人生をスタートします。
皆さん、ありがとうございました。


ordination.JPG


私を陰に日向にいつも愛し、祈り、支えてくださっている多くの友人の方々に心より感謝いたします。
また、今日のこの特別な日は、父の日と重なったこともあり、私は天国にいる父に特別な感謝を捧げ、父の日をお祝いしたいと思います。
そして、私をこの世にお送りくださり、最高のプレゼントである永遠の命をくださった父なる神様に、心からの感謝を捧げます。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。