学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

あなたの功績は?

2015.05.09日

"No matter what accomplishments you make, somebody helped you."
-- Althea Gibson, Tennis Player
「あなたがたとえどんな功績を上げたとしても、それは誰かが助けてくれた結果のものです」
-- アリシア・ギブソン、プロテニスプレーヤー
(訳:舟田 譲二)


1000509261001_1430187451001_Bio-Biography-Althea-Gibson-SF.jpg


アリシア・ギブソンは、アメリカ・サウスカロライナ州出身の女子テニス選手。黒人テニス選手の草分けとして、主に1950年代に活躍し、4大大会女子シングルスに通算5勝を挙げた名選手。人種差別との厳しい闘いの中で、ギブソンは黒人女子スポーツ選手の開拓者として道を切り開いた。(Wikipediaより)


さて、ここで使われている accomplishment という言葉には多くの意味があります。
ギブソンの場合だとテニスにおける「功績」でしょうが、必ずしもそれに限ったことではありません。
「手柄」「業績」「成果」「働き」などのほか、「完成」「成就」「遂行」、さらに「特技」「才能」「教養」といった意味でも使われます。
つまり、全部良いことばかりです。


このような言葉を見ていると、自分には程遠い、無関係だ、と思う人もいるかもしれませんが、実は大なり小なりだれでもこのような素質を持っており、また人生で達成した手柄も多々あるのです。
まったく無価値、無能力、働きのなかった人、存在の意味のない人など誰ひとりいません。もしそうだったら、神様はあなたをこの世にお送りにはならなかったでしょう。


しかし、ここで覚えておかなければならない大切なことは、これらの背後には親や家族を始め、友人、恩師、先輩・上司等々、数えきれないほど多くの人々や、自分が置かれてきたこれまでの境遇などの結果によるものであり、決して自分の力でやってきたことではない、ということです。
これらの人々や境遇などを「当たり前」のことと思うと、感謝の心は生まれてこなく、その結果「ありがとう」という言葉も口から出てきません。人はこのような人を高慢だと見、自分自身も感謝の心がないと幸せな人生を送ることができなくなります。
この世に「当たり前」のことなどひとつもありません。


今日(こんにち)ある自分を育ててくれた多くの人々に心からの感謝の心を持って、今日も一日元気に過ごしましょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。