学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

激怒は心臓発作のリスクが8.5倍

2015.04.01日
laughinggoodmorning.jpg


昨日、「怒りは損気」という記事を書きましたが、まさにそれを実証するかのような別の記事がありました。
なんと、激怒は心臓発作のリスクが通常よりも8.5倍も高いことがわかったということで、先月の欧州心臓病学会誌で発表されたそうです。
怒りによって心臓発作や不整脈が生じやすいことを示す研究もある。怒りは不眠症や過食、糖尿病を引き起こしやすいインスリン抵抗性(肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなった状態のこと)につながる可能性があるとのこと。


以下は健康・体力づくり事業財団が勧める怒りのマネジメント法です。


1. 人の話を聞く。
  自分の考えを言いたくても、一呼吸おいて我慢する。
  人の話を聞くときは相手に注意を集中する。
  相手が言おうとしていた内容を確かめる。  
  自分の考えを口に出す。


2. 他人の眼でものを見る
  相手がどのような理由で行動したかを考える。
  相手の行動理由が正しいと仮定して、状況などを見直す。


3. あるがままの相手を受け入れる
  自分の怒りが正しいと思ったら、もう一度確認する。
  相手の「間違った行動」が、相手の立場からみて悪意に基づいたものであるか慎重に考える。 
  合理的な理由があるかどうかも考える。
  合理的な理由であれば、自分とはまったく違う「相手の見方」があることを認め、相手をそのまま受け入れる。


4. その他の実行法
  よく笑う
  ゆっくり話す
  自分の悪いところを認める
  家族へ心からの贈り物をする
  腹が立ったら間をおく
  相手の眼を見る
  人を信頼して行動する
  友情を育てる


このような具体的な行動を取ることによって自分の性格も落ち着いてきて、怒りにくくなり、それがひいては周りの人を幸せにし、自分自身も幸せで健康になるのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。