学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

妹一家と猫たちをご紹介します

2015.04.27日

「昔はおとめ、今は...」の同窓会が終わって私は滋賀県に住む妹の家へ。
「孫とのツーショット」に書いた孫(じゃなくて甥)一家を訪ねました。


妹とは年が11歳も離れているため、私の小中高校、そして大学時代の友人みんなが妹のことをよく知っていて、「まりちゃん、まりちゃん」と言って可愛がってくれていました。それで、同窓会に行くたびにみんなから「まりちゃんはどうしてる? 元気?」と聞かれます。今回も同窓会に集まったメンバーみんなから尋ねられたので、今日は本人の許可を得て、写真入りで一挙大公開です。


と、その前に。
玄関入ってリビングに通じるドアの横にはこのような額縁が。


marie2.JPG


こういう言葉、大好きです。私の信念とも合致します。
リビングに入ると、猫が3匹! 一家は大の猫好き。
最初は知らない人を見て警戒していたのにしばらくすると次々と座っている私の膝に乗ってきます。2匹一緒に乗ってくることも。


marie4.JPG marie3.JPG


翌日曜日は、義弟の育った近江八幡市に行き、ヴォーリズ建築めぐり。
ヴォーリズは110年前にアメリカから近江八幡市にやってきた宣教師で、同時に建築設計士としても活躍し、全国に1600棟の和洋の良さを取り入れた素敵な教会や住宅、病院、学校などを建てました。市内にはまだ何棟もそれらの建物が残っており、タイミングよく4月25日から5月6日が特別公開になっていたのです。
ちょうど1年前にちいろば先生で有名な故榎本保郎先生のご長男さんが住んでいらっしゃる家も今回建築めぐりした一角にあります(「素晴らしい出会い」)。
ヴォーリズはまたキリスト教主義の学校『近江兄弟社学園』(今年度から『ヴォーリズ学園』と改名。学園長は私に洗礼を授けてくださった先生)や、当時不治の病として恐れられていた結核治療のための近江サナトリウム(現ヴォーリズ記念病院)の建設をし、市内には図書館を始め多くの働きの実を残しました。
結構たくさんの人がこれらの建築物の見学ツアーをしていました。
また、近江八幡市は今、町興しに非常に積極的で、街の中はどこも観光客であふれていました。


そのヴォーリズ記念館の前でみんなで記念写真をパチリっ!
これが妹一家です。


marie.JPG


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。