学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

3.11から4年目の昨日

2015.03.12日

"Your needs will be met once you can find a way of projecting energy and fulfilling someone else's need."
--Stuart Wilde Biography, Self Help Author and Lecturer
「あなたのニーズは、あなたが他の人のニーズを満たすためにエネルギーを注ぎ、それをかなえてあげる方法を見出したときに満たされる」
−スチュアート・ワイルド・バイオグラフィ  自己実現書籍著者、講演家
(訳: 舟田譲二)


多くの人が自分のニーズ(必要、願望)を満たすことにやっきになっていますが、本当はそうではなくて人のニーズを満たしてあげるときに初めて自分のニーズも満たされるものです。


昨日は3.11から4年経った日でした。
あの日から今日に至るまで、大勢の人たちが現地にボランティア活動に走りました。
ボランティア活動というのは、ある人たちからすればもったいない、損する行為なのですが、現実はその正反対で自らの時間と体力と財を捧げて困っている人たちを助けるこのボランティア活動こそが、本当は何よりも尊い、また何物にも代えがたい経験を与えてくれるものなのです。これはボランティア活動をした人たちみんなが口をそろえて言うことです。


私が中央大学で教えていた1989年当時、サンフランシスコ地震(別名ロマ・プリータ地震)と呼ばれる大地震が起こりました。


141017-loma-prieta-6a_8c4d6ae2a2029255a000f2db9a20ed7a.jpg


アメリカ人の親友、ケン・ジョゼフがちょうどそのとき中央大学に講演会に来ることになっていたので、私は教えていたクラスをキャンセルしてクラスの学生全員にこの講演会に出るよう勧めました。
ケンの語りかけに心打動かされた学生たち38名が自腹を切ってこのボランティア活動に参加したのです。
彼らの働きがアメリカの新聞や国内の新聞、テレビで紹介され、帰国後参加者らは学長から表彰されることになりました。
これが国外へのボランティア活動の走りとなり、その後全国の大学に広がっていきました。


戻ってきた学生たちに活動の様子や感想などを尋ねたところ、みんなの口から出てきた言葉は、自分たちが一番恵まれた、ということ。
きっと3.11でもそうだったことでしょう。
「あなたのニーズは、あなたが他の人のニーズを満たすためにエネルギーを注ぎ、それをかなえてあげる方法を見出したときに満たされる」
という冒頭の言葉は真実です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。