学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

進化するロボット

2015.02.17日

課題「世界で一番速く走れる選手を用意してください」


日本「最新のトレーニング技術を駆使しよう」
北朝鮮「我が国以外すべて滅ぼせばいい」
韓国「一番速い選手を韓国人認定すればいい」
アメリカ「世界で最高の施設と技術を用意し、それでもだめなら最高の選手にグリーンカードを発行し、それでもだめなら競技のルールを変え、それでもだめなら選手を持つ国は大量破壊兵器を備蓄している疑いがある」


思わず吹き出してしまいました。
こういった類のジョーク、だれが考えるのか知りませんが、ある面真理をついていて本当にうまいですね。


ところで、昨日やっていたNHKの「地球ドラマチック 生きものに学べ!〜ゾウの鼻から新技術〜」では、さまざまな動物や植物など自然界から我々人間が学び、それを応用してロボット技術に活かすというとても興味深い内容でした。
私はこれを見るまではロボット技術では冒頭のジョークのように日本が世界をリードしていて、将来はこのロボット技術で生きていくべきだと思っていたのですが、なんと世界は広いもの。もう日本はすでに世界のいくつかの主要国に後れを取っているのです。


番組によると、たとえばゾウの鼻は丈夫で柔軟性があり、細かい動作も自在にできる。この特性をヒントに生みだされたプラスチック製のゾウの鼻そっくりのロボットは空気の圧縮で細かい動きができ、さまざまな分野で活かせるというのです。
また、ヌタウナギが身を守るために体から発するヌルヌルの物質を研究して新素材を作り、これを応用することによっていろいろな素材を汚れから守る等々。
自然が生み出した“究極の形”が身近な技術に応用される過程を追っていました。


日本にもさらなるロボット技術の進展を切に願う次第です。
そのためにも、将来の日本を背負う子どもたちの教育がますます大切になってきます。


%8E%CA%90%5E%20%2858%29.JPG

(自分で地面の様子などを判断し歩いて動物そっくりの動きをするロボット)


%8E%CA%90%5E%20%2859%29.JPG

(横から物が当たってバランスを失いそうになったロボットが体操選手の動きを真似てバランスをとる)


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。