学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

復讐するは我にあり

2015.01.25日

イスラム国に人質として捉えられていた日本人のうちのひとり、湯川遥菜さんが殺害された模様という非常に恐ろしいニュースが入ってきました。もし事実だとしたら残念でなりません。
お父様も、「とうとう来てしまった。非常に残念な気持ちだ」と述べていらっしゃいました。
国民みんながこの辛いお気持ちを共有しています。
ここまで来たら、あとは少なくとも後藤健二さんの無事の解放のために日本政府に全力を尽くしてもらいたいと切に願うばかりです。
同時に、ネットなどでイスラム国の人たちを挑発するような浅はかな書き込みをしている日本人の自制を強く求めます。


今、政府は非常に難しい選択を迫られています。
どちらを選択しても必ず大なり小なりのツケが回ってくるのです。
ここで下手な道を選ぶと、日本のみならず世界も危険に巻き込むことになりかねません。
すなわち、欧米諸国と足並みを揃えて、日本は断固テロと闘うと言って「反イスラム」の立場を明確にすると、イスラム過激派みなを敵に回し、日本をテロの対象国としてしまいます。
これだけは絶対に避けなければなりません。
テロ行為には反対だがイスラム諸国に敵するものではなく今後とも日本は人道支援を続けるというメッセージを発信すべきです。


最悪のシナリオは、日本が欧米諸国と一緒になってイスラム国掃討作戦に参加するということです。
これはこれまでの「やられたらやり返す」という図式で、負の連鎖を生み出しこそすれ、ここから解決の糸口は絶対に見つかりません。
「復讐するは我にあり」と仰せられる、絶対的な主権を持ち、正義をなされる神の手に裁きを委ねるべきです(「真の平和を求めるなら」)。


難しい舵取りの中、日本政府が自らの手で復讐するという最悪の間違った選択をしないよう切に祈ります。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。