学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

やる気に火をつける

2015.01.16日

今年の元旦にうちの塾の先生たちにメールで挨拶しました。
哲学者、ウイリアム・アーサー・ワードが次のような言葉を残しています。
「凡庸な教師はただしゃべる。良い教師は説明する。優れた教師は自らやってみせる。そして、偉大な教師は心に火をつける」

という言葉を添えて。


昨日の読売新聞「教育ルネサンス」に山口県下関市の小学校教諭、福山憲一さんがやはり「子どもが勉強したいという気持ちになれば、学力は上がる。やる気に火をつけるのが教師」と語っていらっしゃるのが載っていました。


もう30年も前のことになりますが、アメリカから帰国した私は中央大学で英語を教え始めました。
英語表現研究、英語音声学と一般英語のクラスを担当しましたが、どのクラスでも最初の授業で学生に言いました。
「君たちが本当に一生懸命学ぶ姿勢を見せるなら、全員にでもAの評価をあげる」
そうしたところ、みんな本当に毎回の授業に必死で取り組み、優秀な学生が何人も生まれました。
のちに大学の先生や中学、高校の教員になった人は何人もいます。
その中のひとり、県立高校の英語教師を務めているKさんは今やもう52歳の中堅、というか学年主任の重責を負っていらっしゃいます。
この人が当時のことを思い出して、次のようなコメントを寄せてくださいました。


中大時代、私はそれほど優等生ではありませんでした。
なにしろ私は高校時代、英語が不得意でどうしようもないところまで成績も落ち込んだのですから・・・。
社会科の教員を目指していた私ですが、2年浪人して英語を徐々に克服し、だったら不得意な科目を乗り越えた教員のほうが学校現場では役に立つかもしれないと、英語の教員をめざすようになり、英語や英米文学を学べる大学を受験することに・・・。
その割には、好きなクラシック音楽に没頭し、学問にはまじめに向き合っていた日々ではなかったのですが、大学3年になったとき舟田先生と出会い、それから興味関心のあるものに一所懸命取り組んだという程度のことです。
舟田先生の授業は、異文化への理解を深め、同時に日本の文化を外国に発信するという、当時、もっとも関心を抱いていたことを毎回ユーモア溢れる講義で掘り下げてくださり、さまざまな活動を通じて、知的好奇心を満たしてくれました。
後期の最後にグループ発表したことも憶えています。
何を発表したか忘れてしまいましたが、先生がとても褒めてくださったのは嬉しかったです。
それから、もしかしたら授業で「自己評価」をしたのは、舟田先生の授業が初めてだったかもしれません。
今では当たり前のように行われていることも、30年前はそうではなかったのです。
舟田先生の授業すべてが新鮮で、画期的な取り組みだと感じ、そのうちのいくつかは、以後の私自身の教員生活にも採り入れさせていただきました。


このほか、アカデミー学院ホームページの「推薦の言葉」に声を寄せてくださっている中藤さんからもお褒めの言葉をいただいています。


教えていたクラスの学生全員が俄然目を見開いて頑張り始め、4年間の大学生生活で唯一の無居眠り、無欠席授業だったと、多くの学生が最後の試験の裏面に書いてくれました。
私は約束どおり彼らが当然受けるべきA評価をあげました。別に成績でつったわけではなく、やる気に火をつけたのだと今でも思っています。


ここ数年体調を壊し、教える現場から離れていたのですが、快復してきた去年の暮れあたりから少しずつ教え始めています。
そして上のKさんや中藤さんの温かい言葉に火をつけられて最後のご奉公と思い、今年3月の新年度から昔やっていた成人英会話教室を新たに始めることにしました。
以前の成人クラスには大学生・主婦・サラリーマン・エンジニア・高齢者まで幅広い方が大勢集まってくださっていましたが、今回決意新たにこういった人たちに火をつける熱い授業、そして単なるシチュエーショナル(場面設定したお決まりの)英会話でなく、自分の考えを述べて真のコミュニケーションが図れるようなクラスを目指そうと思っています。
これも、昨日のブログ「成功する人とは」に書いたごとく、私の具体的な目標です。なぜなら、これが私のミッションと考えているからです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。