学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

利他の心

2015.01.05日

1959年、27歳で京都セラミツクを創業した稲盛和夫さん(京セラ名誉会長)は、ご自分の会社を京都一に、日本一、世界一にしようと、強い願望を持って始められました。絶縁材料の研究開発という狭い分野。持っている技術はたいしたものではなかったけれども、誰にも負けないほど努力したそうです。
稲盛氏は次のように語っています。


 日本人特有の勤勉さや、努力、丁寧なものづくりという資質はすたれていない。慈愛に満ちた思いやりの心は、一番の宝だ。東日本大震災時にも略奪などが起こらなかった。人の困っているところにつけ込んで、自分が得をしようとは思わない。経済が強い、軍事力が強いということよりも、そうした美徳という点で世界が尊敬してくれる。
 日本人が持っているおもてなしの精神を、サービス産業ではもっと発揮すべきだ。作られた笑顔ではなく、心からのおもてなしの気持ち。お客様が思っていることを気持ちよくしてあげることが一番大事になる。
 経営が厳しい地方の中小企業でも、創意工夫がカギになる。現在のビジネスをこのまま続けていて良いのか。通りいっぺんのやり方で、なかなか利益が出ないと嘆いていてもうまくいかない。どうやったら利益が出るか、考えて工夫しないといけない。
 私がもしラーメン屋なら、おいしいラーメンを作るため常に工夫し、努力をする。「ラーメンとはこんなものですよ」というのではなく、よそのラーメンを食べ、その味を出そうとすれば、もっと良いものができる。
 会社を起業するのが難しい時代という見方があるが、そんなことはない。良いアイデアや具体的な計画があれば、支援するところはいくらでもある。
 自らの利益をただ追求するのではなく、自分以外の周囲の人たちが豊かになるように考える「利他の心」が大事だと思う。今も、中堅・中小企業の経営を助ける活動をボランティアでしているが、利他をベースに経営している会社は非常に順調にいっている。
 世界で貧富の格差が問題になっている。ますます、思いやりや礼儀正しさといった日本人が持つ良さが称賛される時代が来ると思っている。

(1月4日付 読売新聞1面〜2面 一部抜粋)


まことにそのとおりだと思います。
NHK朝ドラの『マッサン』が思っていた以上にすごい人気です。このブログでもこれまで何度か取り上げました(「マッサン」「マッサン Part2」「やってみなはれ」)。
この番組の人気の秘訣のひとつは、その昔、大正時代から昭和時代にかけて日常生活の中でごく当たり前に見られたおもてなしの心、作った料理を近所におすそ分けしたり、そのお返しをしたり、お互いにいたわり合い、助け合うといった下町の人々の人情に心惹かれるからではないでしょうか。
これこそ、『マッサン』に登場するでき過ぎ妻、エリーのモデルとなったリタじゃないですが、まさに「利他精神」です。


rita.jpg


リタさんは生涯マッサンの夢をかなえるために尽くし、日本人以上に日本人らしい嫁と呼ばれ、マッサンもその妻の心に応えてリタの最期を看取るのです。
リタじゃなく「利他」の心、これこそ今の日本に求められている、そして世界のお手本ともなるべき大切な「お・も・て・な・し」の精神ではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。