学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

観光立国 カジノ?

2014.12.30日

2020年の東京オリンピック。みんな大きな期待を寄せています。
その一つが、このオリンピックを機に日本を観光立国にして海外から観光客を呼び込み、外貨を落としてもらえる主要産業の一つにしようという考えです。
また、これにあわせてカジノを作る案も出ています。
カジノ施設数が3〜4カ所の場合が1.2兆円、10カ所の場合が2.2兆円の巨大産業になるとも言われています。


しかしちょっと待った!
「そんなに甘くはありません」。(こんなCMが昔あったような気がしますが...)


まず、観光立国について。
1. 観光は円安・円高など状況に大きく作用されやすく安定していない
今は確かに円安のため中国を始め東南アジアなど近隣の国々からの観光客が大勢日本を訪れています。しかしこの円安はくせ者で、いつなんどき、どんなことで円高になるかわからず、まったく当てにできません。
2. 日本の天変地異の多さ
もうすぐ4年になるあの東日本大震災の時、日本に滞在していた外国人が一斉に帰国しました。福島原子力発電の事故に起因する放射性物質による環境・食品・人体への影響を恐れたからです。
また日本は火山列島。今も全国にいつ爆発しても不思議でない活火山が110もあるといいます。地震や津波の危険性も常にあります。このようなことが起きると観光客の足はいっぺんに途絶えます。
3. イタリアやフランスなどのように、陸続きでしかも文化や歴史も共有しているものが多く、気軽に観光できる国々と比べると、日本は島国でどこの国からも離れていて、主要産業を外国人に頼る観光にすることは危険性が伴います。
4. 私がロサンゼルスにいた今から40年ほど前、日本からの観光客がものすごい数で、そのお陰で私もガイドや通訳などの案内をしていました。
観光バスで乗りつけた観光客たちは、日本と比べて破格のゴルフセットやウイスキーなどを買い占めていて、観光客が去ると店の中が空っぽになるほどでした。
ところが、その中心地の一つだったリトルトーキョーは今や閑古鳥が鳴き、日系人の高齢化が進みリタイアメントアパート(高齢者用住宅)にどんどん変わってきているそうです。
日本国内でもかつて観光地で人を大勢集めていたところで今はさびれてしまって、建物などが老朽化し、ますます観光客の足が遠のいているところがたくさんあります。


littletokyo.jpg


次にカジノについて。
1. これも景気や円安などに大きく左右され収入は安定しません。
2. 施設の建設にも運営するのにも莫大な費用がかかります。
3. 観光地としての日本の売りである伝統的文化にそぐいません。
4. 近隣の国などがカジノを作るとたちまち客はそちらの方に流れてしまい、離れた地域のカジノはつぶれてしまいます。これまでカジノで一番有名だったラスベガスがその典型的な例です。
5. カジノはギャンブルであり、健全なビジネスとは言えません。
@勤労意欲の減退、A依存症、B反社会勢力の関与、C射幸心を煽って財産を使い果たして破産したり、家庭崩壊させる可能性が限りなく大きい、D青少年への悪影響も大きい、等々負の面があまりにもたくさんありすぎます。たとえカジノで国や地方にお金が入り、雇用を創出し潤ったとしても、それと同程度にあるいはそれ以上にマイナス面が大きければやっても意味がありません。
たとえばカジノでいくら国が潤ったとしても、自分や自分の家族、親族、親しい友人などがカジノの犠牲者になったとしたら誰でも嫌でしょう。


casino.jpg


ほかにもまだまだありますが、オリンピックに照準を合わせて観光やカジノで外貨獲得を狙う戦略はあまりにも浅はかで危険性が高く、目先の甘い話に乗るのは要注意です。
それよりむしろ、日本が得意とする分野、技術などで堅実な産業を育てていく方が、確実に日本にとっては益となると思います。
そしてそのために欠かせないのが、今の子どもたちの力です。
ここで子どもたちを育てる教育がとても大切になってきます。
ですからまず少子化対策をしなければなりません。子育て支援金のような一時的なものが役に立たないのはもうみんな見てきました。
抜本的な対策、また最近増えつつある海外からの移住者や移住や就職を目的にした留学生の受け入れなども重要になってくるでしょう。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。