学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

必ず効果の出る勉強法 Part4

2014.12.18日

V.【生活密着編】


3日前の記事「♩有楽町で逢いましょう♫」の中に登場していただいたプロマジシャン、Tetsuji Morohiraさんにたくさんのマジックを伝授していただいたのですが、その中の一つはMorohiraさんオリジナルのカードマジックです。
高校生の時に数学で指数を学んでいた時にこれはマジックに活かせるとひらめいたとのこと。
これが本当の身につく勉強法です。試験のためだけの勉強法ではこうはいきません。


1. 興味のあることにつなげる
Morohiraさんのように、自分の興味あることに勉強を結びつけるようになると、勉強は楽しくなり、知らず知らずのうちにどんどん身につくようになります。
私の場合は英語がそうでした。英語を勉強するのが楽しくて楽しくて。苦痛に思ったことは一度もなく、また暗記科目なんて考えたこともありませんでした。興味があったからです。
そして、このようにして身につけた英語はその後、今日に至るまで仕事だけでなく、さまざまな面で毎日のように役立っています。
たいがいの人は何かに興味や関心があるものです。
たとえば、歴史とか、古代文明だとか、文化、芸術、伝統工芸、スポーツ、音楽、マンガ、アニメ、天体、動物や植物、車などのメカ、コンピュータ、インターネット、コミュニケーション等々、挙げだせば切りがありません。
学校で勉強していることと、これら自分の興味あることの接点を見つけると勉強は飛躍的に面白くなります。
いやいや、あるいは強制されて、また試験のためだと我慢しながら、といった勉強法では身につくわけがありません。


2. 必要に迫られて
自分は将来◯◯になりたいとか、今はこんなことをしているけど、やっぱり自分の好きな◯◯がしたい、といった必要があれば、ほとんどのことはできるようになるものです。
たとえば、薬剤師になりたいと思えばどうしても理系科目が必要になりますので、物理や化学、生物、地学などの勉強に力が入るようになります。
逆に、人と関係する仕事、言葉を使った仕事に就きたいと思えば自然と文系になりますし、その場合は国語や社会などの勉強がどうしても必要になります。
フライトアテンダントになりたいという人は、英語の勉強に自然と力が入ります。
でも、理系・文系を問わず、今は英語はどの分野でも必要とされていますので、英語の勉強だけは苦手になる前に早めにやっておかなければなりません。


FA.jpg


3. 完全に身につくまで繰り返す
やることがある程度決まったら、あとは体で覚えるまで繰り返すことです。
たとえば自転車に乗ることはたいがい小さい子どものときに覚えます。そうすると、何年も乗らなくても、歳を取ってからでも不思議なように乗れるものです。
車も同様です。しかし、とりあえず自動車学校に通って免許だけ取って、それ以来まったく車を運転していない、という人はペーパードライバーといいますが、実際に運転する練習をしない限り一生運転できないままで終わってしまいます。これは体で覚えていないからです。
勉強も同じで、完全に身につくまで繰り返して体で覚えてしまうと、もう怖いものなしで試験だけでなく、生涯それは役に立ちますし、どのような世界に進んでも使えます。
このように、生活に密着させること、これが勉強の醍醐味です。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。