学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

小さなことの積み重ね

2014.11.19日

この動画はすごい。すごすぎる。ここまで来ると、もう芸術の最高の領域。



これはフランスのテレビショーでやっていたものだそうです。
一足飛びにここまで来れたわけではありません。いったいどれだけの汗や血を流し、苦しんできたことでしょう。


作家であり、積極思考の生みの親でもあるデール・カーネギーは次のように語っています。
"Don't be afraid to give your best to what seemingly are small jobs. Every time you conquer one it makes you that much stronger. If you do the little jobs well, the big ones tend to take care of themselves."
「小さな仕事に見えることに自分の最善を尽くすことを恐れてはいけない。ひとつこなしていくごとに、あなたはその分強くなっていく。そして、小さな仕事をきちんとやっていると、大きな仕事は自然とうまくできるようになるものだ」

(訳:舟田譲二)


私たち人間は、とかく大きな仕事には一生懸命取り組みますが、一見人目を引かないような小さな仕事は手抜きしがちです。
ところが、デール・カーネギーはまったく逆のことをここで勧めています。
すなわち、小さな仕事にこそ最善を尽くして取り組みなさい。そうするならば、大きな仕事というものは自然とできるようになりますよ、と。
これは上の動画のような超ハイレベルなものに限らず、すべてのことに当てはまる真理です。


生徒や学生であれば、日々の小さなステップ・バイ・ステップの基本的な勉強にしっかり取り組んでいると、それが積み重なってやがて大きな力となり、社会に出てからも有益なものとなり、大きく用いられるようになります。
学校の試験や入試のためだけの付け焼刃の勉強法はとりあえず点数を取って良い成績を取ったり、志望校に合格できるかもしれませんが、このようなものは将来決して役立ちません。


steplogo.gif


人間関係においてもそうです。
親子、夫婦、兄弟関係から始まり、学校での生徒同士、教師と生徒の間、先輩・後輩の間、職場での人間関係を始め、顧客との関係等々、やはり良い人間関係を築くコツは、コツコツと小さなところから始めていくことです。そうするならば、やがてそれが将来大きな花を咲かせることになります。


仕事も同様。
何事も急に一足飛びにうまくいくことなどありません。
冒頭のデール・カーネギーの言葉をもう一度かみしめ、私たちの日常の生活の中で活かしていきたいものです。成功は保証つきです。


「小さな仕事に見えることに自分の最善を尽くすことを恐れてはいけない。ひとつこなしていくごとに、あなたはその分強くなっていく。そして、小さな仕事をきちんとやっていると、大きな仕事は自然とうまくできるようになるものだ」


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。