学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

浦島太郎

2014.10.26日

昨日は中学3年のときのクラス会でした。
新幹線で京都に着き、駅ビルで買い物をしたら、いきなり京都弁で
「おおきに!」。
当たり前のことですが感激。
懐かしい! ああ、京都弁ええなぁ…


私は京都の大学を卒業してからアメリカに留学し、帰国してからはずっと神奈川に住んでいます。京都弁を忘れたわけではないのですが、もう口から出てこなくなってしまいました。
でも魂は京都にあって、京都はいつまでたっても私の心の故郷です。
京都に来るたびにホッとするのはきっとそのせいでしょう。


親しかった友人3人が車で出迎えてくれ、懐かしい卒業高校と中学校に連れてもらいました。
校舎も新しく建て替えられていて、ここも思い出の糸をたどってもほとんど思い出せません。


やがて待ち合わせ場所に一人二人と同級生が来ますが、この人たちもわからない。名前を聞いてようやく、「ああそういえば」という感じです。
向こうも私のことがわかりせん。
「舟田です」というと「ああ、目の辺りに面影が残っている。昔はポッチャリしたイメージだったけど、痩せたね」という返事。


最初はみんなこんな感じでした。
でもしばらく一人ひとりと話しているうちに昔の思い出がよみがえってきて、そのうちにまるで中学のときに戻ったかのような錯覚を覚えました。もう50年ぶりとは思えないぐらいで、タイムスリップしたよう。


マイクロバスでクラス会の宴会場の大枝へ。ここもすっかり変わっていました。当時は山や竹やぶ、田んぼや畑で、狭い国道にバスは1時間に1本だったのが、今や振興開発の大都市になり、京都縦貫の高速道路も走っています。
私はまるで浦島太郎です。


宴会場に現れたクラス担任だったY先生はもう80歳。昔はものすごく大きく見えた先生も今では縮んだ感じでとても小さくなっていてびっくり。
クラスの仲間がお互いに顔がわからなかったのに、この先生は私を含め50年前の生徒だった私たちをひと目見るなり名前で呼んでくださりびっくり。ああ、素晴らしい恩師だなぁと感激しました。


昔の仲間と語りながら食べるすき焼きは本当に美味しい!
普段少食の私も知らず知らずのうちに箸が進み、驚くほどたくさん食べていました。
各テーブルで話が盛り上がり、またみんな他のテーブルを回りながらさらに会話がどんどん広がっていきます。


そのうちにカラオケが始まり、踊り出す人も。
しかし、一方でクラス48人のうち5人の物故者に話が及ぶとみんなの心は消沈。事故やガン、自死など。とても辛いです。


また、クラス会に参加予定だった人でつい1週間前にご主人が亡くなって来れなくなった方もあり、心を痛めました。その方に声をひと言、声をかけたく電話しましたが出られませんでした。
ところが、しばらくして着歴を見て電話がかかってきました。なんと言っていいのかわからず、「大変だったね」と言うと、本人の声は意外と明るく驚きました。でも、やはり未だに立ち直れず、から元気だとのこと。当然のことでしょう。
あちらこちらでガンなど持病の話など、やはり自然と年相応の話題になっていきます。


一人、仕事の出張でイギリスに渡った友人がそのままいついて18年。
来年、帰国するという連絡が私の方にメールで入り、また来年もクラス会をしようということでお開きに。
楽しい時間はあっという間に飛び去りましたが、元気な限りみんなで会おうと誓い合い別れました。

↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。