学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

光陰矢の如し、しかし…

2014.10.15日




Time flies. It is up to you to be the navigator.
--Robert Orben, comedy writer, speech writer for Gerald Ford, magician
光陰矢の如し。ナビゲーターになるかどうかはあなた次第だ。
ーロバート・オーベン、コメディ作家、フォード元米国大統領専属スピーチライター、マジシャン
(訳: 舟田譲二)


「光陰矢の如し」は日常よく使われる有名なことわざで、日本人なら誰でも過去に一度や二度は使ったことがあるのではないかと思うぐらいです。うちの塾の小学低学年の子ですらそのように感じているようで、「昔は〜だった」などとよく言っているぐらいですから。
英語の"Time flies."もまったく同様です。


ただ、この後に続く今日の言葉、
「ナビゲーターになるかどうかはあなた次第だ」
は実に核心を突いています。
「ナビゲーター」とはいわゆる車に付いているナビや、レースなどで競技者(運転手の)横について適切な道案内をする人のことも指しますが、ここではむしろ「運転手」「操縦者」本人のことを言っています。
去る7月にも「ああ、素晴らしきかな、我が人生!」という似たような記事を書いていますが、今回はちょっと違うアングルから。


確かに「光陰矢の如し」です。
しかし時がいかに速く流れようとも、それをコントロールする役割を果たすのは、私の人生の「操縦者」なる私自身であるということです。


ああ、私はこれまで家族の者や、友人、恩師、医者などにいかに頼ってきたことか。
でも最終的には確かに、私の人生をコントロールするのは私しかいないのです。


そして、さらに言うと、私を創りこの世に送ってくださった神様こそが本当の意味での最最終的責任者。
ということは、自分の人生をコントロールすべく私自身は自分でできる限りのことはして、あとは神様のみ手に委ねる、これしかないじゃないですか。


神様、私は今大きな試練に直面しています。そして、自分に任された務めは精一杯果たすよう思いっきり頑張る所存です。
でも、あとはこの身も魂もあなたのみ手にお委ねいたします。あなたのみ心どおりにお導きください。
感謝しつつ主の御名によって。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。