学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

本当の平和とは

2014.10.11日

ノーベル平和賞にノミネートされていた「憲法9条を保持する日本国民」は残念ながら受賞を逃しました。でもその代わりに受賞されたパキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17歳)はまことにこの賞を受賞するにふさわしい方であったと心から喜び、祝福したいと思います。


記者会見でマララさんは次のように述べました。
「平和賞は私だけに授与されるものではなく、声を上げられない全ての子供たちのものです。私はこうした子供たちのために訴え、共に闘います。
受賞は終わりではなく、本当の始まりです。私は全ての子供たちが学校へ通う姿を見たいのです。学校へ通えない子供たちがまだ5700万人もいます。初のパキスタン人、初の若い女性、最も若い受賞者となることを誇りに思います」
また同時受賞が決まったインドで子供の権利を守る運動を続けるカイラシュ・サティアルティ氏(60)について、
「受賞者の1人はパキスタン、もう1人がインドから。これはパキスタン、インド国民への友好のメッセージとなります」と言明し、領土問題を巡り、緊張が続く両国の関係改善に尽力する考えも示されました。
(以上、10月11日付 読売プレミアムより一部抜粋)


パキスタンの成人識字率は、男性が70%に対し女性は46%といいます。
またユニセフの「世界子供白書2014」によると、中学、高校に在籍しているのは男子が64%、女子が61%ですが、ニジェールやマリなど「後発開発発展途上国」では男子が36%、女子は30%だそうです。
(10月11日付 読売新聞 3面)
このように発展途上国などの子どもに対する教育の遅れ、男女間の差、児童の労働に従事する割合の高さなどが、国の貧しさにつながっています。


日本人の識字率は100%で世界でもトップ。それが今日の日本の繁栄を築いてきました。
このように考えると、日本の子どもたちが学校が嫌い、勉強したくない、受験がいや、などと言っているのはなんという贅沢な話なのでしょう。


「受賞者の1人はパキスタン、もう1人がインドから。これはパキスタン、インド国民への友好のメッセージとなります」と述べ、領土問題を巡り、緊張が続く両国の関係改善に尽力する考えを示された、というのは本当に勇気ある素晴らしい発言だと思います。


ちょうどこのようなことを今朝考えていたとき、FBフレンドの中村佐知さんがシェアされた詩に次のような箇所がありました。


ビルは空高くなったが、人の気は短くなり
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり
お金を使ってはいるが、得る物は少なく
たくさん物を買っているが、楽しみは少なくなっている
家は大きくなったが、家庭は小さくなり
より便利になったが、時間は前よりもない

(中略)

夫婦でかせいでも離婚も増え
家は良くなったが家庭は壊れている


忘れないでほしい
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ


忘れないでほしい
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には
1円たりともかからない


忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて


あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう


忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを


愛し
話し
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう


人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない


どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

(牧師 ボブ・モアヘッド)
(全文はこちらから。http://temita.jp/none/6884


インドやパキスタン、その他発展途上国の教育の遅れ、男女間の差、貧しさだけでなく、日本や欧米を始めとする豊かな国でも、表面上はどんどん発展し、豊かになっているように見えますが、実際には心が通い合っていず、家族もバラバラ。また、国と国との間の争いなど、本当に心を痛める現代の世界ですが、上の詩のように、まずは身近なパートナーや家族から、本物の愛を分かち合い、それを広めていくことの大切さを改めて教えられました。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。