学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人と比べるな

2014.09.29日
brian3.jpg


"Don't bother just to be better than your contemporaries or predecessors. Try to be better than yourself."
-- William Faulkner, Author
「同年代の競争相手や先達よりもより良くなることなどにかまけるな。むしろ今の自分よりもより良くなるよう努めよ」

-- 作家 ウィリアム・フォークナー
(舟田訳)


これは、ウィリアム・フォークナー(1897-1962、ノーベル文学賞、全米図書賞、ピユーリッツァー賞受賞)という、ヘミングウェイと並ぶアメリカ文学の巨匠が語った名言で、昨日の Brian Tracey のメールマガジンで紹介されていたものです。


多くの人が、自分の周りの人たちや先達を意識し、これらの人たちに勝とうとしてさまざまなことをします。しかし、フォークナーはここで、大切なのはそのように人と自分を比べて人に勝つことではなく、今の自分自身と比べて自分に勝つこと、成長することだ、と私たちに教えてくれています。
つまり、今の自分に満足せずに向上することを目指しなさいと言っているのです。


フォークナーがこの言葉の前に言っているのは、
"Always dream and shoot higher than you know you can do."
「自分ができると思うこと以上のことをつねに夢に見、目指しなさい」

です。
この点においても、私たちは普通、自分にできると思うことしか目指さないものです。


一昨日の記事「積極的考え方があなたの人生を変える」の中でも、著者W・クレメント・ストーンは最終章のまとめの中で、
"Awaken the sleeping giant within you."
「自らのうちに眠れる巨人を目覚めさせよ」

と私たちに呼びかけています。


聖書の中にも、
"As a man thinketh in his heart so is he,"
「そはその心に思ふごとくその人となりも亦(また)しかればなり」

(箴言23:7 文語訳)
これを現代語にすると、
「人は心に考えているような人になる」というような意味です。
「頭の中にあることは」


自分はこんなものだ、こんなことしかできない、だめな人間だ、と考えていたら、本当にそのとおりの人間になってしまいます。
人と比べる必要はありません。
今の自分と比べて、上を目指すのです。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。