学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

人の目と神の目

2014.09.25日

今日の朝刊のトップ記事で、神戸で起こった小学1年生の女児殺害の容疑者が逮捕されたと報じられていました。
このような事件が後を絶たず、その都度本当に心を痛めています。
ご両親や親しい友達の悲しみやショックはいかばかりかと思うと本当に心が張り裂けそうになります。


毎日毎日ニュースをにぎわす、親が子どもを、子どもが親を殺すという事件、また自販機を放火して中の金を盗んだり、現職の警部や教師による痴漢、少女買春や盗撮事件等々、最近は新聞やテレビのニュース番組を見ていると気が重くなります。


また、国際テロ組織「イスラム諸国」対「反イスラム諸国」との軍事衝突や、残虐な人質の殺害現場をインターネット上で公開したり、大量虐殺のテロ行為など、恐ろしいニュースばかりです。


冒頭の事件での容疑者逮捕につながったのは防犯カメラに写っていた被害者と加害者の映像だったそうです。
また、上の自販機の放火事件ではすぐ近所の家に延焼して死者が出るなど、人通りの少ない商店街や住宅街では自己防衛のために防犯カメラを自分たちで設置しているところも多いそうです。


よく交差点内で起きたひき逃げ事件などで目撃者を求める立て看板を見かけます。
私は以前から少なくとも信号機のついている主な交差点に防犯カメラを設置することを提案しています。
この防犯カメラがあるだけで事故やひき逃げ事件が減少すること、またその他の大きな事件が起きた時なども犯人の動きを捉えることができ、防犯にもつながります。


一旦停止のサインがない近所の交差点でよく事故が起きるところがあります。警察官が事故現場で検証をしている時に、事故が起きる原因は一旦停止のサインがないからで早くつけるようにとこれまで何度も言っているのですが何年経っても対応してもらえません。ここにも防犯カメラがあれば事情は大きく改善されることでしょう。


以前、イギリスだったかどこかの国のスーパーで万引きがあまりにも多く、人の目の写真を大きく拡大したポスターを店内のあちらこちらに貼ったところ万引きの件数が目に見えて減少したと報じられていました。


eye.jpg


人の目や防犯カメラがあるだけで、多くの事件や事故が防げるという証拠です。
しかし、人間には罪の性質があり、マスクやお面などをかぶったりして顔が確認できないようにしてまだ犯罪を犯します。


人が罪を犯さなくなる唯一の方法は人の目ではなく、神の目を意識するようになることです。
人の目はごまかすことができても神の目はどこにもあり、ごまかすことはできません。
さらに、自らの心の内にある罪を認め、神の前に悔い改めるという行為をとれば、完璧ではないですが、罪を犯す可能性はさらに大きく減ります。
そして、これこそが我々人間みんなに求められていることではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のにほんブログ村のバナー(マーク)をクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。