学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

女性は理解しがたい!?

2014.09.22日

今日は朝からFacebookで面白い画像に出くわし、思わず苦笑してしまいました。これです。


women.JPG


日本語に訳すと
『女性を理解するには』という本がようやく書店に入荷しました


笑っちゃいますよね。
女性を理解するにはこんなに分厚いというか、あり得ない厚さですが、こんな本が必要なのでしょうか。
私がこれに対して寄せたコメントは、
" Women are difficult to understand. I agree."
(女性は本当に理解するのが難しい。私も同感です)


私はネットで女性に関する日本を含む各国のことわざを調べてみました。
すると、どこの国でもそのほとんどが女性蔑視のものであることに気づきました。ここに挙げるのもはばかれるぐらい恥ずかしいものもたくさんありました。
まあまあ、これぐらいなら挙げてもいいかな、と思ったのがこれです。
厭と頭を縦に振る
(いやとかぶりをたてにふる)
「口では『厭』と言いながら、頭を縦に振って内心では実は承諾しているという、年頃の女性の心理を巧みに表現したことば」
これは、結構当たっているなと思いました。


私自身はどちらかと言うと、ズバッとものを言ったり、決断したりする行動的な男性らしい男性ではなく、ちょっと女性っぽいところのある情緒的、感情的な人間なのですが、それでもやはり男性で、女性の心がよく理解できないことがしばしばです。


それにしても女性とは男にとって理解しがたいところがたくさんあるものです。
女性に関してそのようなことを言っている世界の文豪もたくさんいます。
たとえばトルストイは、
「正しい結婚生活を送るのはよい。
しかし、それよりもさらによいのは、ぜんぜん結婚をしないことだ。
そういうことのできる人はまれにしかいないが、そういうことのできる人は実に幸せだ」
とも言っています。


男性にとって女性は永遠に理解しきれない神秘的な存在。そんな感じでしょうか。まあ、きっとその方がお互いのためにもいいのかもしれません。
でも、上の写真のような本がなければ女性が理解できないようでは人は生きていけないので、できるだけお互いに理解し合えるよう、やっぱり普段から心を割ったコミュニケーションが必要になってきます。
そして、コミュニケーションと言う時、それは決して言葉だけによらない、日々の生活の中の全面にわたる理解への努力が大切になってくるのではないでしょうか。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。