学院長元気の出るブログ

日々の随想。教育問題、子育て、英語、積極思考、人間関係、霊想等など。
読む人に元気を注入します。

ジョージ学院長 元気の出るブログ

ブログに関するご意見・ご感想は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ

信仰とは

2014.08.23日

先日、神奈川合同庁舎にパスポートの申請に行った時、受付事務は5階とありました。
左にエレベーター、右に階段があります。
昔だったら考えることなくエレベーターを使っていたのですが、ここ数年、健康を意識するようになってからエレベーター、エスカレーターは使っていません。
不思議なもので、使わなくなると今度はそれが当たり前になるのです。


で、この時も左のエレベーターは目に入らず、すぐに階段を上り始めました。
すると階段の真ん中ほどのところに何やら大きなシールが貼ってあります。薄暗い階段だけに余計に目立ちます。
最初のところには次のように書いてありました。
「チャレンジ 運動習慣 階段のぼり 3033運動 あなたの体が ヨミガエル ミチガエル ワカガエル」と可愛いカエルのキャラクターが言っています。
この「3033運動」(サンマルサンサン)ってなんだろう、って思ったら、次のところにはこのようにありました。
「1日30分 週3日 3ヶ月間 運動を続けよう」
なるほど、そういう意味か。
次の階段のところには、このように書いてありました。
「3033運動 急がば階段」
次は、
「3033運動 その1歩が体をカエル!」
そして次、
「3033運動 だんだん、楽になるよ、階段」
あと、
「3033運動 足腰をタダで鍛える階段ジム」
「3033運動 階段使って貯筋運動‼︎」
「3033運動 階段のぼりは基礎代謝も高めます」
そして、最後の階段には、このシールが。


staircase.JPG


うーん、これはグッドアイデア。
「足腰をタダで鍛える階段ジム」「階段使って貯筋運動」には思わず笑わされました。うまい!
この3033運動を庁舎内のみんなが活用して健康改善に役立っていればいいなと、願わずにはいられませんでした。


一般の人に「信仰」という言葉を使うと、多くの人は身構えて、新興宗教とか寄付、布教活動とか、そういったネガティブなイメージを抱き、警戒します。
でも考えてみたら人間ってみんな誰でも、日々、秒々刻々、ありとあらゆるものを信仰しています。
電車やバス、飛行機に乗る時もそうですし、自分の働いている会社や通っている学校や塾、家族や友人、挙げ出せば切りがありません。
みんな信仰しているから生きられるのです。


先日来、たびたび引用しているマルチン・ルター・キングJr 牧師がこのようなことを言っています。
"Faith is taking the first step even when you don't see the whole staircase."
「信仰とは、たとえ階段全体が見えなくても最初の一歩を踏み出すことである」

(訳 : 舟田譲二)


上の「3033運動」もそうですが、人間というものはみんな自分の信じるところに従って行動します。この合同庁舎で働いている人でも、階段に貼ってあるシールの言葉を信じずに、ずっとエレベーターを使っている人もいることでしょう。信じていないからです。私の場合は、食事療法と運動療法で健康がずいぶん改善しました。信じて行動したからです。


聖書に書いてある言葉も、信じる、信じないはみんな個人の自由ですが、面白いことに信じる人にはその言葉が生きて働くのです。
「さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」
(ヘブル人への手紙 11:1)
これは、実にうまい信仰の定義だと思います。


↓ブログランキングに参加しています。読み終わったら下のバナーをクリックして応援してください(IN ポイント)。
にほんブログ村の「人気ランキング順位」が出ますので、そこで同じ記事名、もしくはほかの記事で関心のあるものをクリックし、ブログが表示されたらお手数ですが再度下のバナーをクリックしてください(OUT ポイント)。


にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


毎日、「学院長 元気の出るブログ」を愛読してくださっている方は、ぜひこのページの左上にある「ブログの読者になる」をクリックして、メールマガジン登録を行ってください。
ブログ更新情報が毎日届き、簡単にブログにアクセスでき、とても便利です。